cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2020-05-31 21:57
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

PINTSCOPEでアイスクリームを作りながら対談しました

水と空気と大地と火のアイス_

オンラインメディアPINTSCOPEの企画で、Homecomingsの福富優樹さんと画面越しにアイスクリームを作りながら対談しました。
アイスクリームは、映画『リアリティのダンス』に登場する“水と空気と大地と火のアイス”から「想像力を楽しむアイスクリーム」をテーマにオリジナルのレシピを考案して2人で作りました。
対談の音声はPINTSCOPEの記事ページから聴けるのでぜひ聴いてみてください。
前編後編の二部構成。後編では映画の話たくさんしました。
(記事内にある音声ガイドの再生ボタンを押すと再生されます!再生されるまで00:00となってます)

アイスクリームから広がる映画の世界。もっと映画が好きになる“おうち映画の楽しみ方”見つけました!

音声には残ってない福富さんの“福富”っていい名前ですねとかそういう脱線話もたくさんあって。
誰かと話をすると主旨からずれたどうでもいい話のような予定外の膨らみが生まれて、それはテキスト上にはない面白さだなあって。
対談の収録は5月の頭。いろいろと苦しい今どんなアイスだったらたのしくつくれるだろうと考えてつくったレシピです。
話を聴いてくれた人がアイスをつくってみたり気になった映画をみてみたりとなったらうれしい。

ちなみに、、、
対談の後編で私が『スーパーマン 第3の要塞』と連発してますが、正しくは『スーパーマンⅢ 電子の要塞』です。。。

はじめてのオンラインでの対談とオンラインでの菓子作りに不慣れなことも多くて聴きにくいところもあるかもしれないですがどうかご容赦を。
記事ページにはテキストでアイスクリームレシピ、作り方も載ってるのでそちらも参考にしてください。

2020-05-25 21:41
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

PERKオンラインメディアで連載はじまります

FRANK_cineca

デジタルメディアになって帰ってきたPERK magazineで今月から映画コラム連載始まります。
奇数月はアーカイブ、偶数月は新コラム、と掲載予定です。
連載内容はこれまでと変わらずに、伝えたい映画を選び、個人的解釈を映したお菓子のアートワークをつくり、コラムを書く、というもの。

今月掲載は映画「FRANK」の話。(2017.10掲載)
『気がつけばいつも仮面を被っていた。なんてことは、人付き合いの上では当たり前の時代なのかもしれない。だれもがパッケージングする方法を手に入れ、違う自分になりすます。そのうちに自分の頭が肥大して足元が見えずらくなり、先の道を見失う人もいるだろう。… 』

2年以上連載やらせていただいていた雑誌PERKが今年廃刊になってしまったのですが、
オンラインメディアになって帰ってきました!
ありそうでないデザイン、ボリューム感がいい感じのwebマガジン。
ぜひ覗いてみてください。

cinecaのおいしい映画“むき出しの銀紙”

映画『FRANK』は、私が大好きな映画の一つ。
こんなにむき出しロックな作品はなかなかない。
むき出しのカッコ悪さとダサさ、最高です。

2020-05-19 16:14
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

当たり前ではない味

baseball_ichigo_fix

あんなに暑い日が続いていたのに、今週はずっと雨の模様。
今日もすっかりかき氷日和ではないし、少し肌寒いくらいなのに、
かき氷の話です。

PINTSCOPEでのアイスクリームのコラム連載、3回目は映画『南極料理人』と氷イチゴの話。
すこし丸くなるように器に氷を削り出してイチゴシロップをさらり垂らすと野球ボールみたいな氷イチゴが出来ました。

映画『南極料理人』は南極で暮らす南極観測隊の人たちの毎日の物語。
有限の資源と制限される行動の中で彼らはどう暮らすのだろう。
ある日少しの息抜きにと野球を始めるおじさんたち。目の前に広がる雪原をグラウンドに見立て、イチゴシロップをドバドバと注ぎフェアゾーンを描く。ピンク色で描かれた甘いホームベースをスプーンでざくざくと味見する輩もいる。
何度見ても惚れてしまうシーン。イチゴシロップが何かを描く道具になる瞬間だった。
知っているはずのものが知らないもののようになる瞬間ほどときめくことはあるのだろうか。

今回は、当たり前は当たり前ではないなんて話を書きました。
ぜひPINTSCOPEのサイトから読んでみてください。

cinecaのアイスクリーム・ノート ザ・ムービー vol.3当たり前ではない味

2020-05-14 13:41
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ピータードイグ展のお菓子をつくりました

peterdoig_cineca

東京国立近代美術館で開催中の(現在休館中)ピーター・ドイグ展のお菓子を監修しました。
お酒の雫を封じたボンボン・ア・ラ・リキュール。
一噛みするとすこしミステリアスなお酒の香りが口いっぱいに広がる砂糖菓子です。
本来なら2月から6月までの展示会期中の販売を予定していたのですが、美術館再開が見えない状況が続いているため、ほぼ日カルチャんのオンラインショップで販売されることになりました。
旅に出れない今、お菓子とともに心で旅に出る気持ちを持てたらいいなと思います。

– – – – – – – – – – – – –
ABOUT “Bon voyage”
– – – – – – – – – – – – –
絵画が好きな人にとってはたまらないアーティスト、ピーター・ドイグ。
厚みのある一枚の絵の前には何時間だって座っていられる気がする。

ドイグの絵画を目にしたとき白の魅力に引き込まれた。
どの絵にも白が存在し、絵によって白の強度、明度、彩度も変わる面白さに驚く。
ピーター・ドイグを語るなら白いお菓子が良いと思った。

絵の前に座ると、私はここにいるはずなのに心は別の場所へ旅に出る。
その旅の余韻をたのしむため、絵画の一雫を持ち帰るイメージと重ねて
“ボンボン・ア・ラ・リキュール”という菓子素材を選びました。

ボンボン・ア・ラ・リキュールはリキュールを封じた砂糖菓子。
時間をかけて作るこのお菓子は、糖衣に包まれます。
まるで曇りガラスのようなその表情がドイグの絵画にみられる絵具のテクスチャーと重なる気もします。

お酒は、ブラダーラックという海藻を使用したクラフトジンを使用。
ドイグの生まれ故郷、スコットランドの最北にある蒸留所のものです。
島が受ける海の恩恵を表現したような、爽やかでちょっとミステリアスな香りが未だ見ぬ旅へと誘う。

絵画とともにもう少しだけ旅を楽しみましょう。そんな想いを込めて作ったお菓子。
Bon voyageと名付けました。

意匠は古谷萌に協力いただきました。
お菓子がのるトレーはドイグが繰り返しモチーフとして使用したカヌーをイメージしています。
ブルーの印刷は全て活版印刷で仕上げました。

ほぼ日カルチャんwebストア
2020年5月15日 11時〜 販売開始
再販は 5月26日 11時〜 販売開始
※5/15の販売は12時頃完売となりました。
https://www.1101.com/store/culturen_shop/index.html

It is a new creation of cineca in collaboration with Peter Doig Exhibition at The National Museum of Modern Art, Tokyo.
Scottish craft gin is used in the recipe of Bonbon a la liqueur, inspired by the fact that he was born in Scotland.
His paintings invite us to a journey to places you have never been.
So please enjoy “Bon voyage” while you are traveling

2020-04-20 21:31
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

MIRAIBIに寄稿しました

miraibi_miotsuchiya

POLAのオンラインメディア MIRAIBIに寄稿しました。

これまでの人生で出会ってよかったものはなんですか?

というとても難しいお題をいただき考えました。
私が出会ってよかったもの…
あらためて考えてみたらそんなに多くはなくて、
というか、ほとんどなくて。
だから今があるんだなと思ったり、
最終的には、自分が美大を目指すきっかけのきっかけのきっかけ
みたいなところにさかのぼって書いてみました。

暇つぶしにぜひ読んでみてください。

CREATOR’S EYE 第15回菓子作家・土谷みおがバルテュスから授かった「変な自分」の受け入れ方

2020-03-30 23:29
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

コラム連載、アイスクリーム・ノート2回目公開されました。

choco_start_ok

PINTSCOPEでの映画コラム連載「cinecaのアイスクリームノート」の2回目が公開されました。
今回はすこし落ち込んだ時にみたくなる映画『リトル・ミス・サンシャイン』とチョコレートアイスクリームについて書きました。

最後にレシピも掲載されてます。
少しの心休めに、読んでもらえましたら。

「やさしい嘘の味」

2020-02-11 17:42
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

展示“something something”のお知らせ

somethingsomething_main_

食べればなくなる菓子をつくり続けているうちになくならないモノへの憧れが強くなっていきました。
ある日出会った西本さんのおいしそうな木工作品。
そのなくならない美味しいになくなる美味しいを重ねてみたらどんな美味しいが生まれるんだろうと、
そんな私の妄想から本企画展の構想がはじまりました。

今回は食べればなくなる菓子と残りつづける木工という、対になるものの組み合わせのおもしろさについて。
その作業は誰もが見たことあるであろう日常の風景の切り取りでもあります。
私たちがつくる、あのアイスキャンデイーみたいなもの、あのポテトチップスみたいなもの、あのガムみたいなもの、あのチョコレートみたいなもの…
その「〜みたいなもの」を手にしたとき、それが誰かの日常に重なるたのしみを夢見て。

cinecaの菓子は、ほとんどが新作で展開します。
1年近い時間をかけ、9種類ほどの新作の開発をしてきました。
味も見た目も敢えてミニマムに削ぎ落とし、「ノーブランド」として見えることにこだわったパッケージを纏う作品が並びます。
作品はすべて即売。オープンな会場ですので、お気軽にお立ち寄りください。

また、本展示に合わせ、作品集“something something”も作りました。
装丁は葉田いづみ、撮影は井上佐由紀。
漫画家 大橋裕之による描き下ろし漫画も収録した贅沢な本に仕上がりました。
こちらも合わせてお求めいただけたら嬉しいです。

展示会場は表参道 Spiral 1FのMINA-TO。
写真は、溶けないアイス(西本良太作品)と溶けたアイス(cineca菓子作品)

また、本展示の企画、ディレクションもやりました。
パッケージデザインはいつも通り自身で制作していますが、
今回の意匠はStudy and Designの古谷萌に協力いただいてます。

Exhibition “something something”
cineca × 西本良太
2020.2/24-3/15
11:00-20:00
MINA-TO(Spiral 1F)
東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ 03-3498-4015
※3/1に予定していたレセプションパーティーは新型コロナウイルスの状況を考え、中止とさせていただきます。

2020-01-30 22:36
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

cinecaのアイスクリームノート

Print

松竹のwebマガジンPINTSCOPEでの映画コラム連載「cinecaのおかしネマ」が
ことしの1月から内容をちょっとリニューアルしてはじまります。
その名も「cinecaのアイスクリーム・ノート」。
アイスクリームが登場する映画は本当にたくさんあるんです。
そんな映画の中でのアイスクリームの意味について、それぞれの物語について読み解いていきます。

第一回目は映画『ローマの休日』。
オードリー・ヘプバーン演じるアン王女が食べたジェラートに妄想を膨らませ…
「はじまりの味」なアイスクリームの話をしました。
今回から、コラムの最後にアイスクリームのレシピも掲載されます。

アイスクリームはアイスクリームメーカーがないとなかなか美味しくつくれなかったりと
ちょっと面倒臭いお菓子でもありますが、
アイスクリームメーカーなくても、ハンドミキサーあれば作れるレシピも書いてます。

コラムは「アイスクリームノート」と題してますが、
氷菓にくくられるもの、アイスクリーム、ジェラート、シャーベット、かき氷などなど
いろいろ書いて行く予定ですので、今後もぜひおたのしみに。

cinecaのアイスクリーム・ノート THE MOVIE
イラスト:古谷萌

2019-11-14 21:00
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

POWER CAKES、レシピ開発、監修しました。

lumine_cineca

ルミネのクリスマスキャンペーン2019のスペシャルコンテンツ『125 (12の5乗)-POWER CAKES-』のレシピ開発、監修しました。

『125 (12の5乗)-POWER CAKES-』は西洋占星術の結果に応じてつくられる、あなただけのケーキを提供するお店。12月20日から3日間限定で南青山にオープンします。

今回「あなただけ」のケーキ=
お客さま全員に違うケーキを提供する、
というこれまでにない難題に取り組みました。
ちょっとした盛り付けの違いとかではなくあきらかに違ったものにしたい、というオーダーに頭フル回転。
どうしたらそんなものがつくれるかお菓子の設計図を描くようなところからはじまり…
最終的には全部で50レシピ、24万通りとなるお菓子の制作、設計をしました。

占いの結果は、結果を自分でどう調理するかというところに醍醐味があると考えました。
その結果が人生の好材になるか悪材になるかは自分次第なのかもしれない。
POWER CAKESを前にしたとき「さて、どう調理しよう」そんな風に感じてもらえたらいいなと、
「自分で調理して食べる」をコンセプトとしたケーキに仕立ててます。

まるで菓子材料のように見えるお菓子のエレメント。
一つ一つになるべく複雑な味は設けず、プレートに並ぶ6種のエレメントを分解されたケーキのように見立て、
自分で混ぜ、延し、重ね、整え、そうしてはじめて完成する、そんなケーキプレートになってます。

占いの監修はイヴルルド遙華さん。
クリスマスの自分への贈りものにぜひご賞味あれ。

125 (12の5乗)-POWER CAKES-
開催場所:東京都港区南青山6-5-45 パシフィックアーツ青山1F MORIO STUDIO 南青山
開催日時:
12月20日(金) 14:00 ~ 20:15
12月21日(土) 12:00 ~ 20:15
12月22日(日) 12:00 ~ 20:15
料金:無料
申込期間:2019年11月12日(火)~12月1日(日)
こちらのサイトよりお申し込みください。

POWER CAKES特設サイト

2019-08-14 22:58
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

はじめてを飾る のお菓子

cineca_PERK14

雑誌PERKでの映画とお菓子の連載まだまだ続いています。
今号は(世界が熱狂した…)映画『君の名前で僕を呼んで』から
“はじめてを飾る”をテーマにさくらんぼのリキュールゼリーを瓶に封じつくりました。
わかる人にはわかるかもしれないですが、
さくらんぼの実と実がくっつかないようにゼリーに封じるのはなかなかの難関
でしたが、出来上がったゼリーをみて、
ああさくらんぽって本当に死ぬほど可愛い食べもの…
だから許す!と思った。

夏の太陽の下揺れる木々がもたれかかる窓辺の木陰に、
あの日の汗や涙や甘い記憶を封じそっと誇りを持って飾る。
そんなイメージでつくったアートワークです。

夏がくると無性にみたくなるこの映画は、映画でよくある「悪役」に当たる人物が一人も登場しない。
だから物語の本質に心がしっかりと繋がれ、掴まれてしまう。
出会いや想いや刻、大切な“はじめて”の美しさに触れることができる尊い作品のひとつです。

雑誌PERK(8/10発売号)の誌面にてコラムといっしょにご覧ください。
連載「cinecaのおいしい映画」は一番最後のページに掲載です。

top