cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2017-10-28 00:57
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

10月29日はアトリエオープン日です

NUDE_cineca

気がつけば、明後日になっていました。
cinecaのアトリエ 四月、
10月のオープン日は29日(日)、予定通りオープンします。

この日は新作の「NUDE-紙くずヌガー-」のお披露目、販売もします。
パッケージも完成して、準備も万端。
自分的には、玄人好みのお菓子だと思っています。
このお菓子の面白さ、可愛さを共有できますように。

台風が近づいてきているので
天気が心配ですが、、
みなさまのお越しをお待ちしています。

浅草駅から四月までは、
浅草寺を抜けてくる道がおすすめですよ。

四月
Atelier cineca
111-0032
東京都台東区浅草4-2-7
浅草駅から徒歩10分
10月29日(日)
11時〜18時

2017-10-16 15:19
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

webマガジン「意味>新」で取材いただきました

inishin_cineca

意味>新 というwebマガジンで、cinecaのことと
先月の9月にあたらしくオープンしたcinecaのお店「四月」について取材いただきました。

インタビュアー、写真ともにデザインジャーナリストの加藤孝司さん。

お店についてすこし触れると…
窓のような劇場のようなシンボリックな什器や空間のデザインは野本哲平さん。
インタビューではこちらについても触れていただいてます。

テキスト多めなのですが読んでいただけたら嬉しいです。
写真も素敵です。
新しい物語としてのお菓子土谷みお氏(cinecaディレクター)インタビュー

2017-10-16 15:04
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

連載コラム「cinecaのおいしい映画」今回の映画は?

perk_cineca

10/12発売の雑誌PERK、今号の連載コラム「cinecaのおいしい映画」は、
2014年公開映画の中で私的ランキングナンバー1だった映画を選びました。

音楽もストーリーも美術も配役もなにもかもオシャレでカッコよくて
ダサくて悲しくてでもすべてが愛おしくてたまらない作品なんです。
(たくさんの人に見てもらいたい。。!)

映画の代弁者となり得るとあるものをモチーフにしてコラムを書きました。

今号もよろしくお願いします。

2017-10-10 14:32
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

cineca新作は“NUDE”といいます

NUDE_N_

ちょっとひさしぶりとなるcinecaの新作ができました。
お菓子の名前は「NUDE」
いつものサブタイトルは-紙くずヌガー- です。

真っ白な紙くずのようなお菓子。
パリッとした見た目を裏切るように口の中でとろっと溶けてなくなります。

ジャン・コクトーの映画作品「詩人の血」から生まれました。
「詩人の血」は、詩作が命がけであることを語るような作品…。
私も新しいお菓子を生み出すときはたくさんの苦悩を越えます。

表現することは自分を裸にしていく行為なのではないかと。
一枚の真っ白な紙(キャンバス)に向かい、手と頭で生かし殺されを繰り返し、
その結果としての事の表れ、様を“紙くず”というモチーフと結びつけ
フランス菓子のヌガーで表現しました。

着想は今年の頭くらいから、
そこからの試作やパッケージの完成まで時間をかけたお菓子です。

正式なお披露目、販売は10月29日のcinecaのアトリエ「四月」で予定していますが、
現在開催中のnostos booksでの展示販売でも、プチパッケージで展開しています。
(現状完売となっています)

「NUDE -紙くずヌガー」をよろしくおねがい致します。

2017-10-02 00:26
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

nostos booksでイベント開催いただきます

picasso

10月9日から一週間、
松陰神社前にある本屋さんnostosbooksにてcinecaのイベントを開催いただきます。

タイトルは
「Touch the eatable art」

映画「ミッドナイト・イン・パリ」の世界から
登場する人物たちを切り出して、お菓子に落とし込みます。

映画には1920年代に生きたアーティストがたくさん登場します。
中でもペインターと言える人たちが使っていたであろうパレットをお菓子に。
ペインターは、ピカソ、ダリ、マティス、モディリアーニの四人を選びました。
どんなパレットが並ぶかお楽しみに。

他、映画にも登場するジャン・コクトーが監督した映画作品「詩人の血」から
cinecaの新作となるお菓子が生まれました。
こちらは今月末の四月(cinecaのお店)での販売を正式お披露目として予定していますが、
今回、プレお披露目として先行展示、販売いたします。

この機会にぜひ、nostos booksへ足をお運びください。


「Touch the eatable art」
cineca × nostos books
-映画{ミッドナイト・イン・パリ}の世界から-
期間 2017年10月9日~22日(売切れ次第終了となります)
場所 nostos books(ノストスブックス)
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷4-2-12
お問い合わせ 03-5799-7982
営業時間 12:00~19:00 水木定休

top