cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2020-11-30 12:27
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

CIBONE CASEで販売が始まります

herbarium_c

銀座のCIBONE CASEにてherbarium-甘い標本-の販売が始まります。

最初の販売は11月20日〜(現状完売しております)。
次回の納品は12月18日を予定しています。

クリスマスシーズンの贈りもの、お正月ご挨拶のお土産などでもお使いいただけたら嬉しいです。

作品販売に関しては、お店へ電話またはメールにて直接お問い合わせをお願いいたします。

販売開始 11/20〜
CIBONE CASE
東京都中央区銀座6-10-1
GINZA SIX 4F
OPEN 10:30-20:30
TEL:03-5537-3101
Mail:ginza@cibone.com

2020-11-29 00:41
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

herbarium -甘い標本- が新しくなります。

herbarium2020_cineca01_

herbarium-甘い標本-が新しくなります。

これまでなかった花やハーブを迎え40種ほどの植物が揃います。
植物の仕立ても新しく、意匠もよりお菓子を引立てるものへリニューアルしました。

あまり見たことのない、ちょっと珍しい草花もあります。
季節によって並ぶ花やハーブが違うので、
その時々で選ぶ楽しみを持っていただけますように。

herbarium -甘い標本- をつくりはじめて6年が過ぎ、もうすぐ7年目となります。
herbariumを発表した2014年以降、急激にエディブルフラワーやハーブを使う菓子やプロダクトが増えました。
私がherbariumを試作、開発していた2013年は、私が調べる限り、食べられる花やハーブを使ったパッケージされた菓子作品として販売されたものを見ることはありませんでした。
herbariumは多くのメディアに取り上げられたこともあって、その影響は大きかったのではないかと考えていますが、そのようなものが増えていくにつれ、自身の作品を作ることへの葛藤が増えました。

当時は、エディブルフラワーを生産する農園も少なく、取引いただける生産者さんを探すことにもかなり苦労した記憶です。

「herbarium」は植物標本という意味を持つ単語。その言葉に惹かれてお菓子に命名しましたが、2015年くらいからは、herbariumという花のプロダクトが出てきて、そのあと社会的ブームになり、私が作品につけた「herbarium」という名前も盗まれてしまった、そんな気持ちにもなったりもしたものでした。

2018年からは、私が病を抱える身になったこととも重なって、herbariumをつくる気持ちになかなかなれなくなってしまったのですが、ここにきて改めて、私自身がこのお菓子を大切に想いたいつくり続けたい。と思うようになり、今回のリニューアルに至りました。

話は長くなりましたが、
新しいherbarium(甘い標本)をどうぞよろしくお願いいたします。

これまで手にしていただいた方にもまた気に入っていただけますように。
これからまた、気持ちを新しくして、長くつくっていけたら、と思っています。

意匠は古谷萌(Study and Design)にお願いしました。
写真は小野奈那子さん撮影です。

2020-11-24 13:21
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

NOT FAR 02に菓子とテキスト掲載されてます

maybreezejelly

T-house New balanceが発行するフリーマガジンNOT FAR 02
特集「立原道造」(詩人 / 建築家)にて菓子とテキストを掲載いただいてます。

菓子は、立原道造が最期に残した『五月の風をゼリーにして 持ってきてください』という言葉に寄せて、五月の風のゼリーがもしもこの世にあるならどんなものだろう、と想像しつくりました。
五月の風に運ばれて舞った葉がゼリーに含まれてそのままゼリーになってしまった、
そんなイメージを持ってカタチにしたゼリーです。

“五月の風のゼリー”は道造の、苦しい時にも食べたいという渇望に応えられたいいなと
身体に溶けるような心地よい味はどんなだろうと味に思い巡らせた菓子なので、
誰かに“食べて”もらうことが本望です。
来年そんな機会が持てたらいいなぁ。と目論んでおります。

テキストは薄命の詩人、立原道造へ寄せて、
「詩と菓子はよく似ている。」というタイトルで書きました。

NOT FARは、T house New balance(日本橋)、文喫 六本木、代官山蔦屋書店、ユトレヒト、Monocle shop tokyo、NaDiff a/p/a/r/t、Book shop TOTOなどで展開してるようです。
見かけましたらぜひ手にとってみてみてください。

特集企画 加藤孝司
写真 トヤマタクロウ
菓子協力 古谷萌

2020-11-14 00:44
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

スモールビジネス映画祭で映画選んでます。

small

スモールビジネス映画祭のプレイリストで、3つのテーマに合わせてそれぞれ一本ずつ選んだ映画が掲載されてます。
ゴールディ・ホーン主演の大好きな快作『プライベート・ベンジャミン』など。
ぜひサイトよりみてみてください。

スモールビジネス映画祭

2020-11-11 00:20
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

心の“Switch”

KITKATJapan公式Twitter連載、3回目が公開されました。
(11/7公開)

お菓子を口にすると見えることのない心のスイッチがオフになったりオンになったりする気がする。
みんなもそうなのかな。そうだったらいいな、なんて考えながらつくりました。


“Switch” for KITKAT Japan

企画・デザイン:土谷未央
イラストアニメーション:小川雄太郎

top