cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2019-07-05 17:15
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ゼリー越しに見る世界/PINTSCOPE

KP_cineca

コラムを書いてたらあのキーライムパイが無性に食べたくなってしまってキッチンに立つ。
梅雨の雨、重い空気、からだには気圧がどっしりと乗っかる毎日。
そんなこの季節のダルさを掴んで包んで吹っ飛ばしてくれる気がするキーライムパイ。
つくってみればその透明に心がすくわれる。

子供の頃から水中都市に憧れている。
たぶんはじめてみたのは幼稚園の頃に観た「天空の城ラピュタ」。
シータとパズーがラピュタに着いた時に覗き込んだあの池の中の景色だったかもしれない。

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を観たときその憧れの水中世界をはじめて実写で見た気がした。
水に浸かったインテリア、水の中で抱き合うふたり。美しくってせつなくって心を掴まれた。
登場するアイテムすべてに意味がある気がして何度も何度も繰り返しみてる映画の一つ。

今回のPINTSCOPEでの映画コラムは「シェイプ・オブ・ウォーター」の物語をなぞりながら、ゼリーについて書きました。
水中都市とゼリーを重ね、保存された世界への憧れや
映画に登場するキーライムパイがなぜ美味しくないか、についてなど。

連載も気がつけば一年経ちました。
ぜひサイトから読んでみてください。

ゼリー越しに見る世界

top