cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2020-07-02 01:31
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

“Bon voyage”の販売が終了となります。

peterdoig_cineca

東京国立近代美術館で開催中のピーター・ドイグ展に合わせて制作、監修した、
お菓子“Bon voyage”の販売が6/18で終了いたしました。
今回はコロナ渦の影響が多分にあり、いろいろな事情が重なったこともありまして、
6/19以降の販売は難しくなってしまったのですが、短い間、また世の中が不安定の中、
たくさんの方にご購入いただきありがとうございました。
お菓子の賞味には必ず終わりがあることが哀しく、それでも魅力の一つとなるものだから悔しく美しいものです。

もし手元にまだお菓子があれば冷蔵庫で冷やしたり、少々風味が落ちるのですが凍らせて食べても新しい食感を楽しめるのでぜひお試しください。

美術館は再開して10/11まで予約制で開いています。
自分よりも大きなサイズの絵、なかなかみる機会もないかもしれません。
留まりがちな心が旅に出る贅沢な時間を手に美術館へもお立ち寄りください。

ピーター・ドイグ展
東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
2020年2月26日(水)〜 10月11日(日)
※サイトページ下の方でお菓子も紹介頂いてます

2020-06-08 15:32
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

お菓子“BREATHING”と“BEATING”の販売お知らせ

BB_cineca

(PLACE) by method で開催中の古谷萌氏の個展“vermilion”に合わせてお菓子を作りました。
誰もが持つ肉体をモチーフに、現代社会が抱える問題や矛盾を切り取った古谷のイラストレーションから創案した2種類の冷たい生菓子です。
人は人が命ある生きものであることを忘れて生きていることが目立つ社会になってきたと思う。
死を見せられるまで生に気づけないことは悲しい。
そんなことを考えて、「呼吸」と「鼓動」を可視化するイメージの菓子をつくりました。
ユニークな味に着地したので(生菓子の)その命が短いことも含め楽しめる時間となりますように。

このお菓子は6/13に開催される個展”vermilion”のオンラインクロージングパーティーに合わせて販売されるお菓子ですが、パーティーに参加できなくてもご購入頂けます。また、お菓子を購入されなくてもパーティーにはご参加可能です。
下記詳細となります。

本日18時より(PLACE) by methodのECサイトでお菓子の予約販売がスタートします。
https://placebymethod.com/
生菓子になりますので以下の受け取り日時・場所にお越しいただける方に限ります。
受取日時:6/13(土)14:00〜19:00
受取場所:(PLACE) by method 東京都渋谷区東1-3-1 カミニート14号
※cinecaアトリエ(台東区浅草4-2-7)でお受け取りをご希望の方は商品をご購入の上、ECサイトの「Contact」にメッセージをご記入ください。

BREATHING 呼吸するゼリー
“透明さに惹かれてその先の深いところを覗けば必ず朱が存在する”
呼吸するかのように仕立てた3種の味が重なる透明のゼリー

BEATING 鼓動するムース
“切り開かなくともその鼓動を感じたい”
温かさを感じる味の中に弾けるようなアクセントを含んだムースを内包する赤いジュレ。肌のような質感の菓子素材に包んでそのまま口へ運ぶ菓子


vermilion(ヴァーミリオン)は、グラフィックデザイナー・イラストレーターである古谷萌が、日々直面する現代社会が抱える問題や矛盾に対し、自身の声を発信することを目的に始動したプロジェクト。自らの思考・思想をグラフィックワークを介して発信することで、答えをつくる図案家から、意思を持つ活動家に。vermilionは「朱色」。誰もが持つ肉体をモチーフに、現代社会を切り抜く。

MOE FURUYA GRAPHIC EXHIBITION “vermilion”
オンラインクロージングパーティーと菓子販売のお知らせ

・オンラインクロージングパーティー
6/13(土) 19:00~21:00
オンライン上でどなたでも簡単に参加できるクロージングパーティーを行います。(PLACE) by methodのECサイト内にあるバナーより当日アクセス頂くことで、PC・スマートフォンから気軽にご参加いただけます。作品についてのディスカッションや、作家による解説などをお楽しみください。また、今回の展示テーマに合わせたcinecaによる2つの菓子を数量限定販売します。クロージングパーティーで、皆で味わうための冷たい生菓子です。

2020-05-31 21:57
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

PINTSCOPEでアイスクリームを作りながら対談しました

水と空気と大地と火のアイス_

オンラインメディアPINTSCOPEの企画で、Homecomingsの福富優樹さんと画面越しにアイスクリームを作りながら対談しました。
アイスクリームは、映画『リアリティのダンス』に登場する“水と空気と大地と火のアイス”から「想像力を楽しむアイスクリーム」をテーマにオリジナルのレシピを考案して2人で作りました。
対談の音声はPINTSCOPEの記事ページから聴けるのでぜひ聴いてみてください。
前編後編の二部構成。後編では映画の話たくさんしました。
(記事内にある音声ガイドの再生ボタンを押すと再生されます!再生されるまで00:00となってます)

アイスクリームから広がる映画の世界。もっと映画が好きになる“おうち映画の楽しみ方”見つけました!

音声には残ってない福富さんの“福富”っていい名前ですねとかそういう脱線話もたくさんあって。
誰かと話をすると主旨からずれたどうでもいい話のような予定外の膨らみが生まれて、それはテキスト上にはない面白さだなあって。
対談の収録は5月の頭。いろいろと苦しい今どんなアイスだったらたのしくつくれるだろうと考えてつくったレシピです。
話を聴いてくれた人がアイスをつくってみたり気になった映画をみてみたりとなったらうれしい。

ちなみに、、、
対談の後編で私が『スーパーマン 第3の要塞』と連発してますが、正しくは『スーパーマンⅢ 電子の要塞』です。。。

はじめてのオンラインでの対談とオンラインでの菓子作りに不慣れなことも多くて聴きにくいところもあるかもしれないですがどうかご容赦を。
記事ページにはテキストでアイスクリームレシピ、作り方も載ってるのでそちらも参考にしてください。

2020-05-14 13:41
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ピータードイグ展のお菓子をつくりました

peterdoig_cineca

東京国立近代美術館で開催中の(現在休館中)ピーター・ドイグ展のお菓子を監修しました。
お酒の雫を封じたボンボン・ア・ラ・リキュール。
一噛みするとすこしミステリアスなお酒の香りが口いっぱいに広がる砂糖菓子です。
本来なら2月から6月までの展示会期中の販売を予定していたのですが、美術館再開が見えない状況が続いているため、ほぼ日カルチャんのオンラインショップで販売されることになりました。
旅に出れない今、お菓子とともに心で旅に出る気持ちを持てたらいいなと思います。

– – – – – – – – – – – – –
ABOUT “Bon voyage”
– – – – – – – – – – – – –
絵画が好きな人にとってはたまらないアーティスト、ピーター・ドイグ。
厚みのある一枚の絵の前には何時間だって座っていられる気がする。

ドイグの絵画を目にしたとき白の魅力に引き込まれた。
どの絵にも白が存在し、絵によって白の強度、明度、彩度も変わる面白さに驚く。
ピーター・ドイグを語るなら白いお菓子が良いと思った。

絵の前に座ると、私はここにいるはずなのに心は別の場所へ旅に出る。
その旅の余韻をたのしむため、絵画の一雫を持ち帰るイメージと重ねて
“ボンボン・ア・ラ・リキュール”という菓子素材を選びました。

ボンボン・ア・ラ・リキュールはリキュールを封じた砂糖菓子。
時間をかけて作るこのお菓子は、糖衣に包まれます。
まるで曇りガラスのようなその表情がドイグの絵画にみられる絵具のテクスチャーと重なる気もします。

お酒は、ブラダーラックという海藻を使用したクラフトジンを使用。
ドイグの生まれ故郷、スコットランドの最北にある蒸留所のものです。
島が受ける海の恩恵を表現したような、爽やかでちょっとミステリアスな香りが未だ見ぬ旅へと誘う。

絵画とともにもう少しだけ旅を楽しみましょう。そんな想いを込めて作ったお菓子。
Bon voyageと名付けました。

意匠は古谷萌に協力いただきました。
お菓子がのるトレーはドイグが繰り返しモチーフとして使用したカヌーをイメージしています。
ブルーの印刷は全て活版印刷で仕上げました。

ほぼ日カルチャんwebストア
2020年5月15日 11時〜 販売開始
再販は 5月26日 11時〜 販売開始
※5/15の販売は12時頃完売となりました。
https://www.1101.com/store/culturen_shop/index.html

It is a new creation of cineca in collaboration with Peter Doig Exhibition at The National Museum of Modern Art, Tokyo.
Scottish craft gin is used in the recipe of Bonbon a la liqueur, inspired by the fact that he was born in Scotland.
His paintings invite us to a journey to places you have never been.
So please enjoy “Bon voyage” while you are traveling

2020-02-22 01:38
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

CUP ICE販売日のお知らせ

cupice_0

展示「something something」もいよいよあと2日…
連日鋭意制作中です。
今回は全て手作りのパッケージも多くて、
工作気分強め、完成品への愛情も強くなってしまいます。

販売するお菓子の一種、「CUP ICE」のお知らせです。
「CUP ICE」はホワイトチョコレートのマシュマロに、
西本さんのアイスクリームスプーンを添えた作品ですが、
こちらのお菓子は賞味期限が短いため、
販売日を下記三日間に限定して販売させていただきます。

2月24日(月祝)11:00-
3月1日(日)17:00-
3月8日(日)11:00-

「CUP ICE」は販売日につくります。
出来立ては柔らかくてとろりとおいしいので、
できれば販売日にお召し上がりいただきたいお菓子です。

また、その他のお菓子もつくれる限り全種類、全同日に追加納品します。

商品の在庫の詳細については、MINA-TOまでお問い合わせお願いいたします。

Exhibition “something something”
cineca × 西本良太
2020.2/24-3/15
11:00-20:00
MINA-TO(Spiral 1F)
東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ 03-3498-4015
3/1に予定していたレセプションパーティーは新型コロナウイルスの状況を鑑みて中止とさせていただきます。

2020-02-11 17:42
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

展示“something something”のお知らせ

somethingsomething_main_

食べればなくなる菓子をつくり続けているうちになくならないモノへの憧れが強くなっていきました。
ある日出会った西本さんのおいしそうな木工作品。
そのなくならない美味しいになくなる美味しいを重ねてみたらどんな美味しいが生まれるんだろうと、
そんな私の妄想から本企画展の構想がはじまりました。

今回は食べればなくなる菓子と残りつづける木工という、対になるものの組み合わせのおもしろさについて。
その作業は誰もが見たことあるであろう日常の風景の切り取りでもあります。
私たちがつくる、あのアイスキャンデイーみたいなもの、あのポテトチップスみたいなもの、あのガムみたいなもの、あのチョコレートみたいなもの…
その「〜みたいなもの」を手にしたとき、それが誰かの日常に重なるたのしみを夢見て。

cinecaの菓子は、ほとんどが新作で展開します。
1年近い時間をかけ、9種類ほどの新作の開発をしてきました。
味も見た目も敢えてミニマムに削ぎ落とし、「ノーブランド」として見えることにこだわったパッケージを纏う作品が並びます。
作品はすべて即売。オープンな会場ですので、お気軽にお立ち寄りください。

また、本展示に合わせ、作品集“something something”も作りました。
装丁は葉田いづみ、撮影は井上佐由紀。
漫画家 大橋裕之による描き下ろし漫画も収録した贅沢な本に仕上がりました。
こちらも合わせてお求めいただけたら嬉しいです。

展示会場は表参道 Spiral 1FのMINA-TO。
写真は、溶けないアイス(西本良太作品)と溶けたアイス(cineca菓子作品)

また、本展示の企画、ディレクションもやりました。
パッケージデザインはいつも通り自身で制作していますが、
今回の意匠はStudy and Designの古谷萌に協力いただいてます。

Exhibition “something something”
cineca × 西本良太
2020.2/24-3/15
11:00-20:00
MINA-TO(Spiral 1F)
東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ 03-3498-4015
※3/1に予定していたレセプションパーティーは新型コロナウイルスの状況を考え、中止とさせていただきます。

2020-01-04 19:13
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

UTRECHT LUCKY BAG 2020に参加してます

LM_cineca

1/4からUTRECHTで開催の福袋に参加してます。

いつもはつくっていないお花4種でherbariumをつくりました。(パッケージも今回限りの特別仕様)
私物の本などとセットにして用意してます。

ぜひUTRECHTへお出かけください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
年初めの運だめし。夢の福袋” UTRECHT LUCKY BAG 2020 “の販売を行います。所縁のあるアーティストやデザイナー、ギャラリーによるスペシャルな福袋をはじめ、お得なアートブックやグッズの福袋も。思い出の品々や作品などサプライズが入ってるかもしれない?LUCKY BAGです。ファンの方はどうぞお見逃しなく。
1.4 (土)12:00よりスタートします!
お散歩がてらぜひお越しください。

参加者:

井上庸子
川島小鳥+小橋陽介
クサナギシンペイ
小林エリカ
Satoko Sai +Tomoko Kurahara
塩川いづみ
タカノミヤ
田部井美奈
土谷みお(cineca)
長谷川有里
hikotaro kanehira
平山昌尚
Misako&Rosen
ミヤギフトシ
森本美絵
山野アンダーソン陽子

UTRECHT(ユトレヒト)
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
12:00-20:00
電話 03-6427-4041
※cinecaの福袋は1/4初日に完売となりました。ご了承お願いいたします。

2019-12-25 17:26
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

POWER CAKESへのご来場ありがとうございました

_09_7095

LUMINEの3日間限定の未来を占うケーキ屋さん「POWER CAKES」
ご来場いただいたみなさまありがとうございました。

POWER CAKESは今年の夏からはじまったビッグプロジェクト。
たくさんの人が関わり長い時間かけてみんなでつくりあげたイベントでした。
多くの場合、作家としてひとりで完結させる世界にいる私ですが、
今回他者と一緒にものをつくりあげていくことの楽しさ面白さ難しさ苦しさを勉強する大切な機会にもなりました。
監修という立場でものづくりをするのもはじめてのことで至らないこともあったと思います。

「700人のお客様全員に違うケーキを贈る」という企画。
お菓子をつくる身からするとなんと無謀な!と思ってしまいますが。
おそらく世界的にもはじめてかもしれないそんな企画に取り組めたことは宝です。
開発のなかでお気に入りのレシピもたくさん生まれました。

POWER CAKESのコンセプトは「自分で調理して食べよう」。
お菓子のエレメントひとつひとつが菓子作りの材料と見えることを主軸に置きながらレシピを開発しました。
今回開発した50コのレシピのなかにはお店を構えないcinecaでは
普段あまりつくれない生菓子も多く盛り込みワクワクしながら何度も試作しました。

一冊の本とか一本の番組とか作れてしまうようなエネルギーが集まった気がします。
(レシピ本一冊作れるボリュームのレシピ数…!)

関わったみんなとの出会いに感謝をこめて。

応募いただいたみなさまありがとうございました。
(抽選倍率はなんと20倍とかだったようです。当選するだけでもすごい!)
当選して寒い中会場へ足を運んでいただいたみなさまありがとうございました。
力を貸していただいた花の農園、
ハーブの農園のみなさまも本当にありがとうございました。

CREDIT
PLANNING
Creative Director/Planner 加我俊介(電通)|Art Director 小柳祐介(Dentsu Lab Tokyo), 友田菜月(電通)|Copywriter 三島邦彦(電通), 川島梨紗子(Dentsu Lab Tokyo)|Producer 松本健佑(電通ライブ) |Sweet Innovator 土谷みお(cineca)|Fortune Adviser イヴルルド遙華

GRAPHIC
Designer 齊藤健太(アドブレーン), 畝本沙絵(アドブレーン), 吉本実奈美(アドブレーン)|Graphic Producer 中島翔平(アドブレーン)|Photographer 船本諒(横浜スーパーファクトリー)|Photo Producer 星和紀(こびとのくつ)|Retoucher 工藤美樹(こびとのくつ), 河部明男(こびとのくつ), 山下直人(こびとのくつ), 今雪裕也(こびとのくつ)|Print Producer 山下俊一(ショウエイ), 内山甚句(ショウエイ) |Technical Director / Engineer, 前川和久(Bascule Inc.) Movie Director 東海広宜|Cinematographer TAPPEI(KATT inc.)|Producer 加島貴彦(P.I.C.S.)|Production Manager 丹治遥(P.I.C.S.) Web Producer 並木隼人(電通テック)

PR
PR 丸山敦子(ハイライト), 古川泉美(ハイライト)

EVENT
Production Manager 佐々木雅一(BRAVO), 佐藤宏(BRAVO)|Construction Manager 渡邉亮(豊靖社)|Space Design 出口泰央|Operational Manager 佐藤良亮(パジルス)

2019-11-14 21:00
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

POWER CAKES、レシピ開発、監修しました。

lumine_cineca

ルミネのクリスマスキャンペーン2019のスペシャルコンテンツ『125 (12の5乗)-POWER CAKES-』のレシピ開発、監修しました。

『125 (12の5乗)-POWER CAKES-』は西洋占星術の結果に応じてつくられる、あなただけのケーキを提供するお店。12月20日から3日間限定で南青山にオープンします。

今回「あなただけ」のケーキ=
お客さま全員に違うケーキを提供する、
というこれまでにない難題に取り組みました。
ちょっとした盛り付けの違いとかではなくあきらかに違ったものにしたい、というオーダーに頭フル回転。
どうしたらそんなものがつくれるかお菓子の設計図を描くようなところからはじまり…
最終的には全部で50レシピ、24万通りとなるお菓子の制作、設計をしました。

占いの結果は、結果を自分でどう調理するかというところに醍醐味があると考えました。
その結果が人生の好材になるか悪材になるかは自分次第なのかもしれない。
POWER CAKESを前にしたとき「さて、どう調理しよう」そんな風に感じてもらえたらいいなと、
「自分で調理して食べる」をコンセプトとしたケーキに仕立ててます。

まるで菓子材料のように見えるお菓子のエレメント。
一つ一つになるべく複雑な味は設けず、プレートに並ぶ6種のエレメントを分解されたケーキのように見立て、
自分で混ぜ、延し、重ね、整え、そうしてはじめて完成する、そんなケーキプレートになってます。

占いの監修はイヴルルド遙華さん。
クリスマスの自分への贈りものにぜひご賞味あれ。

125 (12の5乗)-POWER CAKES-
開催場所:東京都港区南青山6-5-45 パシフィックアーツ青山1F MORIO STUDIO 南青山
開催日時:
12月20日(金) 14:00 ~ 20:15
12月21日(土) 12:00 ~ 20:15
12月22日(日) 12:00 ~ 20:15
料金:無料
申込期間:2019年11月12日(火)~12月1日(日)
こちらのサイトよりお申し込みください。

POWER CAKES特設サイト

2019-10-26 12:48
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

菓子販売のお知らせ

aon_p

気がつけば夏も終わり、秋の空模様に変わりました。
11/1からは京都の誠光社にてcinecaの菓子を展示販売いただきます。

今回は、herbarium、palleteなど定番菓子のほか、
今年2月にユトレヒトにて新作発表した、
all or nothing -下を向いて歩こう- も全種類並びます。

cinecaの菓子は全ての菓子にきっかけとなった映画があります。
ただ、映画から菓子へ落とし込む際、
私のフィルターを通して、昇華し、カタチにするので、
一見して、映画と菓子が結びつくものではありません。

今回はその菓子のバックストーリーもテキストにおこし、
お菓子と一緒に展示いただきます。

誠光社での菓子販売は4年ぶり?となりますでしょうか。
とても久しぶりのことなので楽しみです。

京都のみなさま、お近くのみなさま
ぜひお立ち寄りください。

cineca 物語から物語へ
期間 2019年11月1日(金)-4日(月)
場所 誠光社
京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
TEL 075-708-8340
営業時間:10:00-20:00

top