cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2021-02-03 23:37
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

necomaで展示します

CATTY_T_NEW_fin_web

2/11よりnecomaにてcinecaの展示を開催いただきます。新作「CATTY」の発表とレギュラーラインの販売も予定してます。

「CATTY」は「なんだか猫みたい」という意味を込め名付けました。私子供の頃よりずっと猫と暮らしてきたからか、ついつい生活の中に猫の存在を探してしまいます。あの鍋もあのカバンも視界のはしで見るとなんだか猫に見える。そんな視点でお菓子を見てみたら、これもあれも猫に見える、とつくるお菓子が「CATTY」です。

CATTYの第一弾はテリーヌショコラ(CATTYシリーズは今後少しずつ増えていく予定)。テリーヌショコラのおいしい凹み…なんだか猫に見えるってずっと思ってた。意図せず生まれたその形に新しく意味を与えた、猫のように見えるテリーヌショコラです。数えきれないほど試作し完成したお菓子、きっと楽しんでもらえるものになったと思います。

生菓子なので喫茶でのお召し上がりのみとなりますが、感染対策しながら展示期間中お店でご提供ただきます。
保護猫たちと過ごす時間が生まれたら良いなという想いでつくりました。
他、kalikaliなどのレギュラーラインのお菓子の販売ありますのでバレンタインなどの贈りもののお探しにもお出かけください。
とは、声を大にしては言えない世情ですが、体調など良く、ご無理ない範囲でお立ち寄りいただければ嬉しいです。

また、necomaをイメージし選んだ映画『5時から7時までのクレオ』(アニエス・ヴァルダ監督)をギャラリーにて上映いただきます。
展示会期中、毎日17時〜上映です。猫のいる空間で、お菓子と映画の時間をぜひお楽しみください。

ギャラリーには猫がいます。猫アレルギーの方や猫が苦手な方は、ギャラリー(喫茶スペース)には入らず、お店の入り口すぐのところでお菓子のみ購入も可能です。

CATTY
なんだかみんな猫に見える

2021.2/11 THU〜2/23 TUE
時間 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜20:00
CATTY提供日 2/13・14・20・21・22
※各日売切り終了となります
場所 保護猫喫茶 necoma
東京都目黒区中町1-33-3 3階
お問い合わせ info@necoma.co
エントランスギャラリーのみ 無料
猫のいるホールギャラリー部分 600円/30分
電話 03-6412-8329

※ 猫のいる展示室です。入店の際には、マスクと靴下の着用が必須になります。(販売有り)
 小さいお子さまをお連れの方は店舗へご連絡の上、ご来店ください。

2021-02-01 14:51
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

CIBONE CASEで販売中です

herbarium_green_

昨年から始まったCIBONE CASEでの販売ですが、
今年も継続的に販売いただくことになりました。

まずは、
バレンタインのシーズンと、ホワイトデーのシーズンを予定しております。
最初の販売は1月29日〜 です。

色々なお花、ハーブの種類を揃えておつくりしますので、
ぜひ店頭でお選びいただければ嬉しいです。

在庫やご予約などのお問い合わせは直接お店へお願いいたします。

CIBONE CASE
東京都中央区銀座6-10-1
GINZA SIX 4F
OPEN 10:30-20:00
TEL:03-5537-3101
Mail:ginza@cibone.com

2020-12-02 11:16
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

代官山蔦屋書店でcinecaのフェアが展開されます

B3_Poster_fin_ol

12/5より、代官山蔦屋書店にてフェアを開催いただきます。

クリスマスシーズンに合わせて、
cinecaのクラシックラインのお菓子をたくさんご用意します。

herbariumやkalikaliなどの菓子作品に合わせて、いくつか選書もさせていただきました。
お菓子と本のセットで贈りもの仕様で販売いただきます。

フェアは25日までの開催となります。
ぜひ書店へお立ち寄りください。

蔦屋書店2号館 1階 マガジンストリート
cineca「Entrance to the story」
2020年12月05日(土) – 12月25日(金)
OPEN 9:00-23:00
菓子作品販売内容:
12/5-25 herbarium / a piece of / palette / kalikali
12/17-25 Charlotte / ITA-CHOCOLAT
販売についてのお問い合わせ:03-3770-2525

ポスターデザイン:古谷萌
ポスター写真:小野菜那子

2020-11-30 12:27
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

CIBONE CASEで販売が始まります

herbarium_c

銀座のCIBONE CASEにてherbarium-甘い標本-の販売が始まります。

最初の販売は11月20日〜(現状完売しております)。
次回の納品は12月18日を予定しています。

クリスマスシーズンの贈りもの、お正月ご挨拶のお土産などでもお使いいただけたら嬉しいです。

作品販売に関しては、お店へ電話またはメールにて直接お問い合わせをお願いいたします。

販売開始 11/20〜
CIBONE CASE
東京都中央区銀座6-10-1
GINZA SIX 4F
OPEN 10:30-20:30
TEL:03-5537-3101
Mail:ginza@cibone.com

2020-10-02 13:00
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

10/10.11は東東京市に出店します

muji_

10月10日と11日、銀座の無印良品で開催される「東東京市」に参加します。
コーヒー屋さんや雑貨など色々並ぶようです。
cinecaからは、定番の菓子、kalikaliやpalette、 a piece of、などなどと、
2月にスパイラルで開催した展示「something something」で販売した新作、袋ラーメンとポテトチップス、作品集と、今回特別に西本良太さんにWARIBASHI(割れない割り箸)も作っていただいたので、こちらも合わせて販売いたします。

私は店頭には立てないのですが、
久しぶりに色々並べての販売になりますので、ぜひお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

10月11日(日) 12時〜はcinecaのオンラインストアでも
同時にお菓子を販売予定です。
配送で販売できるお菓子に限定されますが、
遠方で東京へは来れない方、事情があって出かけられない方へ、
販売できればと思い、久しぶりにオンラインで販売いたします。
少し特別なお菓子の時間が訪れることをぜひお楽しみください。

東東京市
場所 無印銀座
※cineca 出店場所は4階です
東京都中央区銀座3丁目3番5号
最寄り駅、銀座駅、銀座一丁目、有楽町駅
日時 2020年10月10-11日 11時~17時 2階&4階

「東東京市」
普段僕たちが仕事をしているエリアで新しいチャレンジをしたいという何気無い一言からスタートしました。賛否は多々あると思いますが、この東東京市から世界へ発信できるような壮大なプロジェクトも考えてい行きます。勢いだけ。自分たちが本当に良いと思って自信を持って皆様にオススメできるイベントへと成長していきたいと思っています。
今年の東東京市は無印銀座からスタートします。

東東京市実行委員会
(日本コパック株式会社 / Riddle Design Bank / DAYS. / 諸橋拓実 / MUTE)

2020-07-02 01:31
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

“Bon voyage”の販売が終了となります。

peterdoig_cineca

東京国立近代美術館で開催中のピーター・ドイグ展に合わせて制作、監修した、
お菓子“Bon voyage”の販売が6/18で終了いたしました。
今回はコロナ渦の影響が多分にあり、いろいろな事情が重なったこともありまして、
6/19以降の販売は難しくなってしまったのですが、短い間、また世の中が不安定の中、
たくさんの方にご購入いただきありがとうございました。
お菓子の賞味には必ず終わりがあることが哀しく、それでも魅力の一つとなるものだから悔しく美しいものです。

もし手元にまだお菓子があれば冷蔵庫で冷やしたり、少々風味が落ちるのですが凍らせて食べても新しい食感を楽しめるのでぜひお試しください。

美術館は再開して10/11まで予約制で開いています。
自分よりも大きなサイズの絵、なかなかみる機会もないかもしれません。
留まりがちな心が旅に出る贅沢な時間を手に美術館へもお立ち寄りください。

ピーター・ドイグ展
東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
2020年2月26日(水)〜 10月11日(日)
※サイトページ下の方でお菓子も紹介頂いてます

2020-06-08 15:32
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

お菓子“BREATHING”と“BEATING”の販売お知らせ

BB_cineca

(PLACE) by method で開催中の古谷萌氏の個展“vermilion”に合わせてお菓子を作りました。
誰もが持つ肉体をモチーフに、現代社会が抱える問題や矛盾を切り取った古谷のイラストレーションから創案した2種類の冷たい生菓子です。
人は人が命ある生きものであることを忘れて生きていることが目立つ社会になってきたと思う。
死を見せられるまで生に気づけないことは悲しい。
そんなことを考えて、「呼吸」と「鼓動」を可視化するイメージの菓子をつくりました。
ユニークな味に着地したので(生菓子の)その命が短いことも含め楽しめる時間となりますように。

このお菓子は6/13に開催される個展”vermilion”のオンラインクロージングパーティーに合わせて販売されるお菓子ですが、パーティーに参加できなくてもご購入頂けます。また、お菓子を購入されなくてもパーティーにはご参加可能です。
下記詳細となります。

本日18時より(PLACE) by methodのECサイトでお菓子の予約販売がスタートします。
https://placebymethod.com/
生菓子になりますので以下の受け取り日時・場所にお越しいただける方に限ります。
受取日時:6/13(土)14:00〜19:00
受取場所:(PLACE) by method 東京都渋谷区東1-3-1 カミニート14号
※cinecaアトリエ(台東区浅草4-2-7)でお受け取りをご希望の方は商品をご購入の上、ECサイトの「Contact」にメッセージをご記入ください。

BREATHING 呼吸するゼリー
“透明さに惹かれてその先の深いところを覗けば必ず朱が存在する”
呼吸するかのように仕立てた3種の味が重なる透明のゼリー

BEATING 鼓動するムース
“切り開かなくともその鼓動を感じたい”
温かさを感じる味の中に弾けるようなアクセントを含んだムースを内包する赤いジュレ。肌のような質感の菓子素材に包んでそのまま口へ運ぶ菓子


vermilion(ヴァーミリオン)は、グラフィックデザイナー・イラストレーターである古谷萌が、日々直面する現代社会が抱える問題や矛盾に対し、自身の声を発信することを目的に始動したプロジェクト。自らの思考・思想をグラフィックワークを介して発信することで、答えをつくる図案家から、意思を持つ活動家に。vermilionは「朱色」。誰もが持つ肉体をモチーフに、現代社会を切り抜く。

MOE FURUYA GRAPHIC EXHIBITION “vermilion”
オンラインクロージングパーティーと菓子販売のお知らせ

・オンラインクロージングパーティー
6/13(土) 19:00~21:00
オンライン上でどなたでも簡単に参加できるクロージングパーティーを行います。(PLACE) by methodのECサイト内にあるバナーより当日アクセス頂くことで、PC・スマートフォンから気軽にご参加いただけます。作品についてのディスカッションや、作家による解説などをお楽しみください。また、今回の展示テーマに合わせたcinecaによる2つの菓子を数量限定販売します。クロージングパーティーで、皆で味わうための冷たい生菓子です。

2020-05-31 21:57
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

PINTSCOPEでアイスクリームを作りながら対談しました

水と空気と大地と火のアイス_

オンラインメディアPINTSCOPEの企画で、Homecomingsの福富優樹さんと画面越しにアイスクリームを作りながら対談しました。
アイスクリームは、映画『リアリティのダンス』に登場する“水と空気と大地と火のアイス”から「想像力を楽しむアイスクリーム」をテーマにオリジナルのレシピを考案して2人で作りました。
対談の音声はPINTSCOPEの記事ページから聴けるのでぜひ聴いてみてください。
前編後編の二部構成。後編では映画の話たくさんしました。
(記事内にある音声ガイドの再生ボタンを押すと再生されます!再生されるまで00:00となってます)

アイスクリームから広がる映画の世界。もっと映画が好きになる“おうち映画の楽しみ方”見つけました!

音声には残ってない福富さんの“福富”っていい名前ですねとかそういう脱線話もたくさんあって。
誰かと話をすると主旨からずれたどうでもいい話のような予定外の膨らみが生まれて、それはテキスト上にはない面白さだなあって。
対談の収録は5月の頭。いろいろと苦しい今どんなアイスだったらたのしくつくれるだろうと考えてつくったレシピです。
話を聴いてくれた人がアイスをつくってみたり気になった映画をみてみたりとなったらうれしい。

ちなみに、、、
対談の後編で私が『スーパーマン 第3の要塞』と連発してますが、正しくは『スーパーマンⅢ 電子の要塞』です。。。

はじめてのオンラインでの対談とオンラインでの菓子作りに不慣れなことも多くて聴きにくいところもあるかもしれないですがどうかご容赦を。
記事ページにはテキストでアイスクリームレシピ、作り方も載ってるのでそちらも参考にしてください。

2020-05-14 13:41
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ピータードイグ展のお菓子をつくりました

peterdoig_cineca

東京国立近代美術館で開催中の(現在休館中)ピーター・ドイグ展のお菓子を監修しました。
お酒の雫を封じたボンボン・ア・ラ・リキュール。
一噛みするとすこしミステリアスなお酒の香りが口いっぱいに広がる砂糖菓子です。
本来なら2月から6月までの展示会期中の販売を予定していたのですが、美術館再開が見えない状況が続いているため、ほぼ日カルチャんのオンラインショップで販売されることになりました。
旅に出れない今、お菓子とともに心で旅に出る気持ちを持てたらいいなと思います。

– – – – – – – – – – – – –
ABOUT “Bon voyage”
– – – – – – – – – – – – –
絵画が好きな人にとってはたまらないアーティスト、ピーター・ドイグ。
厚みのある一枚の絵の前には何時間だって座っていられる気がする。

ドイグの絵画を目にしたとき白の魅力に引き込まれた。
どの絵にも白が存在し、絵によって白の強度、明度、彩度も変わる面白さに驚く。
ピーター・ドイグを語るなら白いお菓子が良いと思った。

絵の前に座ると、私はここにいるはずなのに心は別の場所へ旅に出る。
その旅の余韻をたのしむため、絵画の一雫を持ち帰るイメージと重ねて
“ボンボン・ア・ラ・リキュール”という菓子素材を選びました。

ボンボン・ア・ラ・リキュールはリキュールを封じた砂糖菓子。
時間をかけて作るこのお菓子は、糖衣に包まれます。
まるで曇りガラスのようなその表情がドイグの絵画にみられる絵具のテクスチャーと重なる気もします。

お酒は、ブラダーラックという海藻を使用したクラフトジンを使用。
ドイグの生まれ故郷、スコットランドの最北にある蒸留所のものです。
島が受ける海の恩恵を表現したような、爽やかでちょっとミステリアスな香りが未だ見ぬ旅へと誘う。

絵画とともにもう少しだけ旅を楽しみましょう。そんな想いを込めて作ったお菓子。
Bon voyageと名付けました。

意匠は古谷萌に協力いただきました。
お菓子がのるトレーはドイグが繰り返しモチーフとして使用したカヌーをイメージしています。
ブルーの印刷は全て活版印刷で仕上げました。

ほぼ日カルチャんwebストア
2020年5月15日 11時〜 販売開始
再販は 5月26日 11時〜 販売開始
※5/15の販売は12時頃完売となりました。
https://www.1101.com/store/culturen_shop/index.html

It is a new creation of cineca in collaboration with Peter Doig Exhibition at The National Museum of Modern Art, Tokyo.
Scottish craft gin is used in the recipe of Bonbon a la liqueur, inspired by the fact that he was born in Scotland.
His paintings invite us to a journey to places you have never been.
So please enjoy “Bon voyage” while you are traveling

2020-02-22 01:38
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

CUP ICE販売日のお知らせ

cupice_0

展示「something something」もいよいよあと2日…
連日鋭意制作中です。
今回は全て手作りのパッケージも多くて、
工作気分強め、完成品への愛情も強くなってしまいます。

販売するお菓子の一種、「CUP ICE」のお知らせです。
「CUP ICE」はホワイトチョコレートのマシュマロに、
西本さんのアイスクリームスプーンを添えた作品ですが、
こちらのお菓子は賞味期限が短いため、
販売日を下記三日間に限定して販売させていただきます。

2月24日(月祝)11:00-
3月1日(日)17:00-
3月8日(日)11:00-

「CUP ICE」は販売日につくります。
出来立ては柔らかくてとろりとおいしいので、
できれば販売日にお召し上がりいただきたいお菓子です。

また、その他のお菓子もつくれる限り全種類、全同日に追加納品します。

商品の在庫の詳細については、MINA-TOまでお問い合わせお願いいたします。

Exhibition “something something”
cineca × 西本良太
2020.2/24-3/15
11:00-20:00
MINA-TO(Spiral 1F)
東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ 03-3498-4015
3/1に予定していたレセプションパーティーは新型コロナウイルスの状況を鑑みて中止とさせていただきます。

top