cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2019-02-06 00:21
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

個展はじまりました

postcard_cineca

本日より展示はじまりました。

落ちているものを拾うとき心はどう動くんだろう。

拾う姿に重ね、
下を向いて、しゃがんで、お菓子を選んでもらえたら嬉しいです。

今回、お菓子のポストカードもつくりました。
こちらも会場で販売しています。

今展示では新作「ALL OR NOTHING」のみの販売となります。
(定番の商品はありません)
また、全てひとりで制作しているのでつくれる数に限りがあります。
今回は毎日お菓子があるように1日の販売個数を決めさせていただきました。
どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

土谷の在廊は追加納品を兼ねて2/10、11の16時頃〜と、
最終日2/17の16時頃〜予定しています。

また変更ありましたらお知らせいたします。

2019-01-19 17:33
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

cineca新作の展示、販売します。

Print

cineca新作の展示、販売をいたします。
場所は表参道にあるギャラリー&本屋さんのUTRECHT。
ひさしぶりに個展という形での展示販売です。

「下を向いて歩こう」
わたしはこの言葉といっしょに歩くようになりました。

そしていつも浜辺で下を向いてゴミを拾います。

棄てられて美しくなったもの
洗われて新しく褪せたもの
まるくなり触りたくなったもの

人の手を離れかたちづくられた

ゴミ かもしれないし 宝物 かもしれない もの

到底、敵わない。
そんなかなわないものたちをお菓子にしました。

名前は「All or Nothing」と言います。

ぜひ会場へおとしものを探しにお出かけください。

会期中は在廊も予定しています。
日程は決まりましたらまたお知らせいたします。

cineca new work exhibition
下を向いて歩こう
Look down at your feet when walk

会期 2019.2.5(Tue)-17(Sun)
場所 UTRECHT(ユトレヒト)
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
Utrecht / 5-36-6 Jingumae 2C, Shibuya, Tokyo 150-0001 Japan
営業時間 / Opening Times 12:00-20:00
月曜休み / Closed on Monday
電話 / Tel 03-6427-4041

2019-01-07 14:35
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

2019年もつくることと共に。

cineca0

あけましておめでとうございます。
お正月は海へ初拾いしてきました。

いつからか大切な趣味のようなものとなっていた私ひとりの「拾いもの活動」。
落としものや忘れものを拾っているとじぶんの中のなにかが還元され昇華していくような気がします。

この一年もつくることを続けられますように。

2019年は2月に個展、
夏頃までもいろいろと販売の予定があり、いまから楽しみです。

予定を全て現実にしていけるように、
慎重に歩いて行けたらと思います。

きょうから仕事はじめです。

cineca
土谷みお

2018-12-28 16:36
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ひとり働き方改革

この一年は働き方を変えなければいけない。変えなければ働けない。
そんな、ひとり革命の年でした。

ずっとずっと悩んでいましたが、これは治るものではないし、一生のことなので、
やっぱり自分の病気の話を少しすることにしました。
そして、はたらき方の話も。
以下長文になります。

昨年の2017年12月に自己免疫疾患で全身性炎症性疾患の難病を発症しました。
10万人に4人という珍しい病気。
それは今まで聞いたこともないような病名の病気で、(病名は控えさせていただきます)
一体自分の身に何が起きたのか受け入れるのに時間がかかるものでした。

自己免疫疾患とは、本来自分を守るはずの免疫が機能しなくなって自分自身を傷つけてしまうというもの。
免疫ってすごいもので、人間の身体をいろんな菌やウィルスから守ってくれる魔法のようなシステムなんです。
それが壊れると身体は大変なことになってしまうということを身をもって体験してます。

難病とは、ざっくり言うと原因が不明、現在の医療では明確な治療法、治療薬がないため、
完治は望めず国に難病と指定されている病気のことです。

幸いなことに、わたしの病気は完治はできずとも、寛解を目指すことはできると言われているので
今も寛解を目指して薬の服用、通院を続けています。

ただ、薬を飲むと強い副作用が伴います。
むくみ、手の痙攣、からだの筋肉の減少、それに伴う怠さやしんどさが強く、
病気による関節炎やたびたびの微熱や頭痛もあるので日常的な生活にも影響が出たり、
胃腸衰弱、肺炎や感染症、骨粗しょう症にもなる恐れがあり、それらの予防薬も服用しています。

手の痙攣や筋肉の減少は間違いなくお菓子作りに影響があり、
長時間立ち続けながら集中力が必要となる細かい作業や体力仕事は今の私にはなかなか厳しいものになってしまいました。

cinecaのお店「四月」ではせっかくお店まで足を運んでくださるならできるだけ多くの種類のお菓子を置いて販売したいという思いがあります。
ただお菓子には賞味期限という壁があるので短期間でたくさん作らなければいけない。
それがいま一番難しいことです。
お店のオープンの予定は未だに立ちません。(でも必ずまたオープンします!)

もちろん、今できることもいろいろあります。
たとえば雑誌などの連載のお仕事だったり、
座っても仕事ができるコラムのお仕事だったり、
webマガジンなどでの企画や菓子制作のお仕事、
それに種類を絞ったお菓子の販売も。
ことしは、そういった仕事を新しくはじめたり、
販売もすこしずつ再開したり、とできる範囲で進んできました。

文化や芸術はあたりまえに在る生活の上に成立するものだと思っています。
あたりまえの健康、あたりまえの平和。
それがないと生み出したり楽しんだりすることが難しいものです。

私の生活にはもう「あたりまえの」はありません。
朝起きること、ゴハンをつくること、食べること、人と話をすること、どこかへ出かけること。
これらは全て特別に素晴らしいことだと感じるようになりました。
でも、私は、そんな「生」にしがみついて生きてはいきたくないんです。
なるべ生を意識せずにいきていきたい。
あたりまえの、その上、その先にある、非日常。
特別な喜び、あたらしい驚き。
そんなものを生み、つくり、届け、その世界で生きていきたい。
丁寧に、力いっぱいにエネルギーを集めて。
今もそう強く思っています。

変化を受け入れるということはとても勇気のいることですが、
これを病気の恩恵と信じて新しく前に進んでいけたらと、
生活を模索し、今できる精一杯のことを実践する日々です。

cinecaのお菓子を届けたい。
そして、私がお菓子を作るきっかけとしているだいすきな映画も届けられたらいい。
そういう気持ちがなくなってしまわないように、
上手に気持ちに寄り添って歩いていけたらいいなと思ってます。

ここまで読んでくださったみなさまありがとうございます。

これからもお菓子とそして映画を、人生のエッセンスやスパイスとして届けられるように
新しいペースで歩いていきますので、お付き合いいただけましたら幸いです。

改めまして、いつも応援してくださるみなさま、コラムを読んでくださるみなさま、
お菓子を買ってくださるお客さま、本当にありがとうございます。

来年もこの先も、手のひらサイズのあたらしい世界を届けられますように。
その驚きや喜びがだれかの活力になりますように。

2019年は個展も予定しています。
この一年のあいだ、少しずつ準備してきたものです。

今年も残すところあと3日。
みなさま、良いお年をお迎えください。

cineca
土谷みお

2018-10-23 17:23
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

新しい餃子の話。

IMG_4876

突然ですが、餃子の活動をはじめました。
名前は「トゥギョウザー」といいます。

メンバーは、

能作淳平(建築家)
鳥巣智行(コピーライター)
古谷萌(デザイナー)
土谷みお(菓子作家)

の4人。

今年はつくることや自分について考えることが一段と増えました。
そんな中ひとりではできないことを何かやってみたい。という思いが強くなって。
餃子を入り口にしたコミュニーケーションや食、つくることについてなど
話したり考えたりする場があったらいいなとはじめた活動です。

まずは「新しい餃子の話。」というタイトルで、Pen onlineにて月1連載がはじまります。
ここではゲストを招いて5人で会話を重ねながら見たことないようなギョウザをつくります。

→ Pen online 「新しい餃子の話。」
第一回目は“自己紹介のギョウザ”というテーマで、それぞれを語るためのギョウザをつくりました。

ちなみに土谷は「口実のギョウザ」という名の甘いギョウザを
まるで焼く前の生餃子のようなビジュアルでつくりました。
餡にもこだわってます。

餃子が好きな人にもそんなに好きじゃない人にもくすくす楽しんでもらえますように。
今回はまずは4人の紹介を。という内容で、次回からはゲストが登場します!

おとなの本気の遊びを見せていけたらいいなと思ってます。

そして、トゥギョウザーのinstagramアカウントもつくりました。

@togyother/

連載には載せきれないこぼれ話や写真、餃子が食べられるお店のリサーチなどなどアップしていきます。
フォローしてもらえたらうれしいです。

2018-09-18 15:28
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

PINTSCOPEでコラム連載はじまります

Print

松竹が発信する映画にまつわるwebマガジンPINTSCOPEで、コラムの連載がはじまりました。

ポップコーン、アイスクリーム、パイ、ゼリー・・・
映画にはたくさんのお菓子の登場があって、
それってなんのため?って考えながら映画をみるのが好きです。
そんなことを伝えられたらいいなという思いでコラムを書きます。

テーマは「映画の中のお菓子」。
毎回ひとつお菓子を決めて、
そのお菓子が登場する映画をいろいろご紹介しながらちょっとおかしな話を。

第一回目は 「ポップコーン」について 。
ポップコーンってテディベア? な文章を展開してます。

イラストはstudy and designの古谷萌さんに、
コラムの内容をイメージしたちょっとシュールなイラストをお願いしました。

イラストも合わせて、たのしんで読んでもらえたら嬉しいです。

cinecaのおかしネマ vol.1 「テディベアなポップコーン」

2018-09-12 11:06
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

Topawards Asiaでパッケージデザイン賞を受賞しました

apieceof

cinecaの定番商品、a piece of-時間を溶かす静かのラムネ-のパッケージが、「Topawards Asia」を受賞いたしました。

Topawards Asiaとは、アジアを対象とする
優れたパッケージデザインに贈られる賞です。
今回、「Less is More」というテーマに沿って集められた商品の中から
受賞させていただきました。

cinecaのお菓子はお菓子のアイデア出しから商品化、
パッケージデザイン、お菓子の制作まですべて土谷がひとりで制作しています。
a piece ofは2014年に開発、商品化したお菓子で、
時間を経てこのような賞を受賞できたことうれしいなと思います。

すこし長いですが、
お菓子とパッケージのコンセプトを改めて。
もしよかったら読んでみてください。

————————————————-
このお菓子は、交通事故が原因で片目以外が動かず、
話すこともできなくなった男性を描く映画「潜水服は蝶の夢を見る」から着想を得て作られています。
編集者として言葉に関わる仕事に携わっていた主人公。
彼が言葉を話せなくなったとき、言葉の意味や強さ、
響きにも大きな変化が生まれたことが印象的でした。
その、状況によって感じ方が変わる「言葉」をこの映画のテーマと捉え、
その「言葉」を環境によって岩から小石、
砂へと姿を変える「石」に例え、お菓子に落とし込みました。
味は3種類、sea(海)はローズマリー(一番薄いグレー)、
river(川)は桜(中間のグレー)、
mountain(山)はジンジャーの味(濃いグレー)。
それぞれの場所をイメージした味と色と形で作っています。
パッケージはお菓子をできる限り邪魔することなくシンプルに見せることを心がけ、
また、心や頭に刻まれる言葉の強さの表現として「空押し」技法を使っています。
箱の上面のマークは、上から順に海、川、山。
その場所を語る形を一本線からの強弱で表現しました。

“The idea for this sweet is conceived from “The Diving Bell and the Butterfly”, a film that portrays a man who cannot move his body other than his eye due to a car accident. The main character worked as an editor, a job that involves using words. When he lost his ability to speak, the change that was brought to the meaning and power of words left an impression on me.

“Words” makes one feel differently depending on the situation, and seeing this as the theme of the film, the “words” are reimagined as “stones”; from rocks to small stones to sand that change its form with the environment, and are transformed into sweets. There are three flavours: “sea” in light grey and rosemary in flavour; “river” in a medium grey, cherry blossom flavoured; “mountain” in a ginger flavoured dark grey. The flavours, colours, and forms are imagined for each place.

The packaging is made to be as simple as possible as to not to get in the way of the sweets, and to express the power of words that engrave themselves in our hearts and minds, a blind embossing technique is used. The mark on the top of the box conveys the sea, river, and mountain with a single line that varies in thickness.”

————————————————-

2018-07-10 21:59
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ブレーンに掲載されました

BRAIN_cineca

広告・デザインの専門誌「ブレーン」(7/1発売)で
アートディレクターの増田総成さんにcinecaのこともすこしご紹介いただいてます。

ブレーンは前職で関わっていた雑誌なので
cinecaのことを掲載される日が来たことがじわじわと嬉しい出来事です。

表紙は毎号違うデザイナーやアーティストが手がけるグラフィックなのですが、
今月号の表紙は夏っぽくてかわいいですね。

覗く機会がありましたら見てみてください。

2018-05-02 23:34
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

母の日のおくりもの

ROSE3__cineca

きがつけば5月になっていました。
病気を発症してから半年近くたち、毎日すこしずつ寛解をめざし身体は戦っています。
完治はないので一生この病気といっしょに歩んでいかなくてはいけない。
それは突然現れた人生の伴侶のような存在で
まだ自分のなかに100%受け入れることはできないけれど
すこしずつ受け止めていけたらと思っています。

病気になると、いままで気にもとめていなかったのものに目がいったり、
あたりまえだったことに大きな感動を覚えたりと
毎日のちいさな変化がたまらなく愛おしく生きることができるようになった気もします。

いちばんつらかったときには家族の力を感じました。
とくに母には大きく支えてもらいました。

だれにでも母という存在はあって、
それは近くても遠くてもきっと心の中に生きている。
そういう特別な存在だと思います。

一年に一度訪れる母の日は、
伝えることのできる人はきっとなにか想いを伝えることができたらいい。

言葉にすることはむずかしくても、
お菓子やお花にのせて、もちろんそれ以外のアイテムでも
それらに語らせることもひとつの方法だったりします。

まだ寛解を目指す途中の身体ですが、
この日こそはなにか力になりたいという想いから、
cinecaのお菓子をすこし販売したいと思います。

いま作ることができるものと少数に限られてしまいますが、
すこしでもという気持ちでひさしぶりの制作です。

対面販売は難しいので、オンラインストアから販売させていただきます。

販売は5月5日11時にスタート。
お届けは5月12日を予定していますが、
特別に指定日をご希望の方は備考欄に記入いただきご注文をおねがい致します。
また、ラッピングをご希望の方はラッピングも一緒にご購入ください。

今年度から送料が値上がりしました関係で送料の価格を変更させていただいています。
また、季節があたたかくなってきたのですべてクール便でのお届けとさせていただきます。

どうぞよろしくおねがい致します。

cineca
土谷みお

2018-02-23 17:35
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

cineca6周年です

cineca_cc

2017年2月22日でcinecaは7年目を迎えました。
6年分の出会いや出来事が積み重なって今があります。
本当にたくさんの人に支えられてきました。

7年目は今までとすこし違う年になりそうですが
改めて私にとって我が子のようなcinecaを育てていけますように。
新しい出会いを楽しみに制作に向かえることめざして大切に前に進みます。

まだ制作や販売を始めることは難しい状況ですが、
毎日、ゴハンを作ることを制作へのリハビリとしたり、
お菓子の試作や自分が食べたいおやつを作ることも生活に取り入れ、
すこしずつ前進しています。
早くたくさんの人のもとにcinecaのお菓子を届けたい..!
という思いをぐっとこらえて、
慎重に進んでいけたらと思っています。

2月22日は6周年記念に、自分のためにチョコチップクッキーを焼きました。

チョコチップクッキーは失敗から生まれたと言われてるお菓子。
生地に溶けて混ざると思って入れたチョコレートが溶けずに残って
“チョコチップ” となりうまれたクッキーなんです。
失敗から学ぶことがあったり、それは発明になることもあるかもしれないことにわくわくしながら
生きていきたいものだなぁと。

最後にチョコチップクッキーつながりで、スヌーピーからラブリーな名言を。

“What do you do when you feel that life is treating you unfairly?”
“Learn to bake your own cookies.”

「人生って不公平だなって感じるとき、どうしたらいい?」
「自分のクッキーの焼き方を覚えなよ」

top