cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2020-01-02 14:39
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

2020年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。
2019年、応援していただいたみなさま、ありがとうございました。
お菓子を買ってくれることも、コラムを読んでくれることも、イベントに参加してくれることも、たのしみに待ってくれることも、すべては私の活力になっています。

2020年、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶を兼ねて一年ぶりに私の話をしようと思います。
(以下、病気の話にもなりますので読みたい方だけでお願いいたします)

私は2017年の終わりに突然倒れ、国指定の難病を発症しました。膠原病系の全身性の免疫疾患でなかなか難しい病気を抱えるようになりました。

それ以降は毎日闘病生活をしながらの制作ですが、2019年は忙しくつくり続けることができました。
病気前の私だったらそれはごく当たり前のことでしたが、病気になった今では当たり前のことは何一つありません。
なので、2019年の一年、病気の再燃もなくつくり続けられたことに一人静かに感動しながら年を越しました。

忙しくしていると「もう元気なの?」と言われることもだいぶ多くなってきたのですが、「元気」という言葉は、私の中にはもう存在しないものになりました。
見た目にわからない病気は、元気そうに見えることから、社会との距離に苦しむ人が多いことも、自分が病気になって初めて知りました。
私も毎日何かしらの不調を抱えています。
人が多く集まる場所にはあまり行けないので、行動も多く制限されるようになりました。
病気の症状だけでなく、薬の副作用も多くてなかなかしんどい。そんな中、工夫して生きています。

私の病気に完治はありません。
ですが、寛解という状態は望むことができる病気なので、今も寛解を目指し、闘病生活を頑張っています。(まだまだ寛解までの道のりは遠いけど…!)

2018年から、変化を強いられた私の働き方。
その必要に従い、今自分ができることは何だろうと、今の精一杯でつくり進んで行くと、ずっと曖昧になっていた「自分は何者なのか」という問いへの答えも少しずつ見えてくる。
まだまだわからないことは多いけれど、ずっと求めていた答えへの道が少し近くなってきました。
それはある意味では病気の恩恵なのかもしれない。

「一寸先は闇」という言葉は私にとっては超リアルな言葉です。明日は今日のように目覚められるかどうかわからない毎日。だからこそ、今のこの時間がたまらなく愛おしくも感じることができます。

最近、自分の思考が「足し算」式になっていることに気づきました。これまでは「あれもできなかった、これもできなかった」と1日を終えていた。でも今では「今日はあれもできた、これもできた」と考えられるようになった。1日に感謝して眠りにつくようになりました。

有難いことに、2020年も色々な展示や販売などの予定が控えています。
2019年を糧にして新しい一年もつくり続けられますように。
だいすきなお菓子と、だいすきな映画の話ができますように。
少しあたらしくみる日常の世界が、その驚きや喜びがだれかの活力になることを願って、この一年もどうぞよろしくお願いいたします。

cineca
土谷みお

2019-12-25 17:26
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

POWER CAKESへのご来場ありがとうございました

_09_7095

LUMINEの3日間限定の未来を占うケーキ屋さん「POWER CAKES」
ご来場いただいたみなさまありがとうございました。

POWER CAKESは今年の夏からはじまったビッグプロジェクト。
たくさんの人が関わり長い時間かけてみんなでつくりあげたイベントでした。
多くの場合、作家としてひとりで完結させる世界にいる私ですが、
今回他者と一緒にものをつくりあげていくことの楽しさ面白さ難しさ苦しさを勉強する大切な機会にもなりました。
監修という立場でものづくりをするのもはじめてのことで至らないこともあったと思います。

「700人のお客様全員に違うケーキを贈る」という企画。
お菓子をつくる身からするとなんと無謀な!と思ってしまいますが。
おそらく世界的にもはじめてかもしれないそんな企画に取り組めたことは宝です。
開発のなかでお気に入りのレシピもたくさん生まれました。

POWER CAKESのコンセプトは「自分で調理して食べよう」。
お菓子のエレメントひとつひとつが菓子作りの材料と見えることを主軸に置きながらレシピを開発しました。
今回開発した50コのレシピのなかにはお店を構えないcinecaでは
普段あまりつくれない生菓子も多く盛り込みワクワクしながら何度も試作しました。

一冊の本とか一本の番組とか作れてしまうようなエネルギーが集まった気がします。
(レシピ本一冊作れるボリュームのレシピ数…!)

関わったみんなとの出会いに感謝をこめて。

応募いただいたみなさまありがとうございました。
(抽選倍率はなんと20倍とかだったようです。当選するだけでもすごい!)
当選して寒い中会場へ足を運んでいただいたみなさまありがとうございました。
力を貸していただいた花の農園、
ハーブの農園のみなさまも本当にありがとうございました。

CREDIT
PLANNING
Creative Director/Planner 加我俊介(電通)|Art Director 小柳祐介(Dentsu Lab Tokyo), 友田菜月(電通)|Copywriter 三島邦彦(電通), 川島梨紗子(Dentsu Lab Tokyo)|Producer 松本健佑(電通ライブ) |Sweet Innovator 土谷みお(cineca)|Fortune Adviser イヴルルド遙華

GRAPHIC
Designer 齊藤健太(アドブレーン), 畝本沙絵(アドブレーン), 吉本実奈美(アドブレーン)|Graphic Producer 中島翔平(アドブレーン)|Photographer 船本諒(横浜スーパーファクトリー)|Photo Producer 星和紀(こびとのくつ)|Retoucher 工藤美樹(こびとのくつ), 河部明男(こびとのくつ), 山下直人(こびとのくつ), 今雪裕也(こびとのくつ)|Print Producer 山下俊一(ショウエイ), 内山甚句(ショウエイ) |Technical Director / Engineer, 前川和久(Bascule Inc.) Movie Director 東海広宜|Cinematographer TAPPEI(KATT inc.)|Producer 加島貴彦(P.I.C.S.)|Production Manager 丹治遥(P.I.C.S.) Web Producer 並木隼人(電通テック)

PR
PR 丸山敦子(ハイライト), 古川泉美(ハイライト)

EVENT
Production Manager 佐々木雅一(BRAVO), 佐藤宏(BRAVO)|Construction Manager 渡邉亮(豊靖社)|Space Design 出口泰央|Operational Manager 佐藤良亮(パジルス)

2019-11-14 21:00
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

POWER CAKES、レシピ開発、監修しました。

lumine_cineca

ルミネのクリスマスキャンペーン2019のスペシャルコンテンツ『125 (12の5乗)-POWER CAKES-』のレシピ開発、監修しました。

『125 (12の5乗)-POWER CAKES-』は西洋占星術の結果に応じてつくられる、あなただけのケーキを提供するお店。12月20日から3日間限定で南青山にオープンします。

今回「あなただけ」のケーキ=
お客さま全員に違うケーキを提供する、
というこれまでにない難題に取り組みました。
ちょっとした盛り付けの違いとかではなくあきらかに違ったものにしたい、というオーダーに頭フル回転。
どうしたらそんなものがつくれるかお菓子の設計図を描くようなところからはじまり…
最終的には全部で50レシピ、24万通りとなるお菓子の制作、設計をしました。

占いの結果は、結果を自分でどう調理するかというところに醍醐味があると考えました。
その結果が人生の好材になるか悪材になるかは自分次第なのかもしれない。
POWER CAKESを前にしたとき「さて、どう調理しよう」そんな風に感じてもらえたらいいなと、
「自分で調理して食べる」をコンセプトとしたケーキに仕立ててます。

まるで菓子材料のように見えるお菓子のエレメント。
一つ一つになるべく複雑な味は設けず、プレートに並ぶ6種のエレメントを分解されたケーキのように見立て、
自分で混ぜ、延し、重ね、整え、そうしてはじめて完成する、そんなケーキプレートになってます。

占いの監修はイヴルルド遙華さん。
クリスマスの自分への贈りものにぜひご賞味あれ。

125 (12の5乗)-POWER CAKES-
開催場所:東京都港区南青山6-5-45 パシフィックアーツ青山1F MORIO STUDIO 南青山
開催日時:
12月20日(金) 14:00 ~ 20:15
12月21日(土) 12:00 ~ 20:15
12月22日(日) 12:00 ~ 20:15
料金:無料
申込期間:2019年11月12日(火)~12月1日(日)
こちらのサイトよりお申し込みください。

POWER CAKES特設サイト

2019-10-26 12:48
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

菓子販売のお知らせ

aon_p

気がつけば夏も終わり、秋の空模様に変わりました。
11/1からは京都の誠光社にてcinecaの菓子を展示販売いただきます。

今回は、herbarium、palleteなど定番菓子のほか、
今年2月にユトレヒトにて新作発表した、
all or nothing -下を向いて歩こう- も全種類並びます。

cinecaの菓子は全ての菓子にきっかけとなった映画があります。
ただ、映画から菓子へ落とし込む際、
私のフィルターを通して、昇華し、カタチにするので、
一見して、映画と菓子が結びつくものではありません。

今回はその菓子のバックストーリーもテキストにおこし、
お菓子と一緒に展示いただきます。

誠光社での菓子販売は4年ぶり?となりますでしょうか。
とても久しぶりのことなので楽しみです。

京都のみなさま、お近くのみなさま
ぜひお立ち寄りください。

cineca 物語から物語へ
期間 2019年11月1日(金)-4日(月)
場所 誠光社
京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
TEL 075-708-8340
営業時間:10:00-20:00

2019-06-04 18:27
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

金魚すくいギョウザ?

togyother08

餃子の活動「トゥギョウザー」まだまだ続いています。
Pen onlineでの連載も今回で8回目となりました。

今回は、ついに私のとんでもギョウザアイデアがかたちになってしまいました。
その名も「金魚すくいギョウザ」。
黄金色に輝くコンソメのスープに夏の涼 赤い金魚(の形の餃子)がプカプカと浮かぶ…
ポイですくってすくった数だけ食べられる餃子ゲームです。

今回は「ゲームになるギョウザ」をテーマに
ゲームデザイナーの佐々木隼さん(オインクゲームズ)をお迎えして
みんなで餃子つくりました。

この夏、おうちでも作ってたのしんでもらいたい金魚すくいギョウザは
Pen Online記事の最後にレシピも載ってます。
ぜひ記事を読んでみてください。

ゲームデザイナー佐々木隼が「流行るかも」と評価した、「金魚すくいギョウザ」とは?

2019-04-27 11:54
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

GW中、菓子販売のご案内

RE_P1_

今年のゴールデンウィークは二箇所で菓子の販売を予定しています。

5/1からは福井県にある素敵なショップtalkleinにて
ファッションブランドjensのCOMPOSITIONラインの展示会に合わせて
cinecaのRE-COLLECTIONを販売いただきます。
今回の販売から「プラスチックのゴミ」(チョコレート菓子)も加わり、
全部で6種類の展開となります。(写真の菓子)

また5/4・5・6は、
東京・新木場にあるCASICAで開催のニュー縁日にて、
herbariumを中心とした菓子を販売いただきます。

ゴールデンウィークのお出かけついでに、
ぜひお立ち寄りください。

COMPOSITION
開催場所 talklein
福井県月見2-1-24
2019年 5月1日(水)〜 5月6日(月)
OPEN 12:00-19:00
菓子販売内容 RE-COLLECTION
電話 0776-65-0934

ニュー縁日
開催場所 CASICA
東京都江東区新木場1-4-6
OPEN 12:00-19:00
2019年 5月4日(土)〜 5月6日(月)
OPEN 11:00-18:00
菓子販売内容 herbariumなど
電話 03-6457-0826

2019-02-06 00:21
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

個展はじまりました

postcard_cineca

本日より展示はじまりました。

落ちているものを拾うとき心はどう動くんだろう。

拾う姿に重ね、
下を向いて、しゃがんで、お菓子を選んでもらえたら嬉しいです。

今回、お菓子のポストカードもつくりました。
こちらも会場で販売しています。

今展示では新作「ALL OR NOTHING」のみの販売となります。
(定番の商品はありません)
また、全てひとりで制作しているのでつくれる数に限りがあります。
今回は毎日お菓子があるように1日の販売個数を決めさせていただきました。
どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

土谷の在廊は追加納品を兼ねて2/10、11の16時頃〜と、
最終日2/17の16時頃〜予定しています。

また変更ありましたらお知らせいたします。

2019-01-19 17:33
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

cineca新作の展示、販売します。

Print

cineca新作の展示、販売をいたします。
場所は表参道にあるギャラリー&本屋さんのUTRECHT。
ひさしぶりに個展という形での展示販売です。

「下を向いて歩こう」
わたしはこの言葉といっしょに歩くようになりました。

そしていつも浜辺で下を向いてゴミを拾います。

棄てられて美しくなったもの
洗われて新しく褪せたもの
まるくなり触りたくなったもの

人の手を離れかたちづくられた

ゴミ かもしれないし 宝物 かもしれない もの

到底、敵わない。
そんなかなわないものたちをお菓子にしました。

名前は「All or Nothing」と言います。

ぜひ会場へおとしものを探しにお出かけください。

会期中は在廊も予定しています。
日程は決まりましたらまたお知らせいたします。

cineca new work exhibition
下を向いて歩こう
Look down at your feet when walk

会期 2019.2.5(Tue)-17(Sun)
場所 UTRECHT(ユトレヒト)
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
Utrecht / 5-36-6 Jingumae 2C, Shibuya, Tokyo 150-0001 Japan
営業時間 / Opening Times 12:00-20:00
月曜休み / Closed on Monday
電話 / Tel 03-6427-4041

2019-01-07 14:35
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

2019年もつくることと共に。

cineca0

あけましておめでとうございます。
お正月は海へ初拾いしてきました。

いつからか大切な趣味のようなものとなっていた私ひとりの「拾いもの活動」。
落としものや忘れものを拾っているとじぶんの中のなにかが還元され昇華していくような気がします。

この一年もつくることを続けられますように。

2019年は2月に個展、
夏頃までもいろいろと販売の予定があり、いまから楽しみです。

予定を全て現実にしていけるように、
慎重に歩いて行けたらと思います。

きょうから仕事はじめです。

cineca
土谷みお

2018-12-28 16:36
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ひとり働き方改革

この一年は働き方を変えなければいけない。変えなければ働けない。
そんな、ひとり革命の年でした。

ずっとずっと悩んでいましたが、これは治るものではないし、一生のことなので、
やっぱり自分の病気の話を少しすることにしました。
そして、はたらき方の話も。
以下長文になります。

昨年の2017年12月に自己免疫疾患で全身性炎症性疾患の難病を発症しました。
10万人に4人という珍しい病気。
それは今まで聞いたこともないような病名の病気で、(病名は控えさせていただきます)
一体自分の身に何が起きたのか受け入れるのに時間がかかるものでした。

自己免疫疾患とは、本来自分を守るはずの免疫が機能しなくなって自分自身を傷つけてしまうというもの。
免疫ってすごいもので、人間の身体をいろんな菌やウィルスから守ってくれる魔法のようなシステムなんです。
それが壊れると身体は大変なことになってしまうということを身をもって体験してます。

難病とは、ざっくり言うと原因が不明、現在の医療では明確な治療法、治療薬がないため、
完治は望めず国に難病と指定されている病気のことです。

幸いなことに、わたしの病気は完治はできずとも、寛解を目指すことはできると言われているので
今も寛解を目指して薬の服用、通院を続けています。

ただ、薬を飲むと強い副作用が伴います。
むくみ、手の痙攣、からだの筋肉の減少、それに伴う怠さやしんどさが強く、
病気による関節炎やたびたびの微熱や頭痛もあるので日常的な生活にも影響が出たり、
胃腸衰弱、肺炎や感染症、骨粗しょう症にもなる恐れがあり、それらの予防薬も服用しています。

手の痙攣や筋肉の減少は間違いなくお菓子作りに影響があり、
長時間立ち続けながら集中力が必要となる細かい作業や体力仕事は今の私にはなかなか厳しいものになってしまいました。

cinecaのお店「四月」ではせっかくお店まで足を運んでくださるならできるだけ多くの種類のお菓子を置いて販売したいという思いがあります。
ただお菓子には賞味期限という壁があるので短期間でたくさん作らなければいけない。
それがいま一番難しいことです。
お店のオープンの予定は未だに立ちません。(でも必ずまたオープンします!)

もちろん、今できることもいろいろあります。
たとえば雑誌などの連載のお仕事だったり、
座っても仕事ができるコラムのお仕事だったり、
webマガジンなどでの企画や菓子制作のお仕事、
それに種類を絞ったお菓子の販売も。
ことしは、そういった仕事を新しくはじめたり、
販売もすこしずつ再開したり、とできる範囲で進んできました。

文化や芸術はあたりまえに在る生活の上に成立するものだと思っています。
あたりまえの健康、あたりまえの平和。
それがないと生み出したり楽しんだりすることが難しいものです。

私の生活にはもう「あたりまえの」はありません。
朝起きること、ゴハンをつくること、食べること、人と話をすること、どこかへ出かけること。
これらは全て特別に素晴らしいことだと感じるようになりました。
でも、私は、そんな「生」にしがみついて生きてはいきたくないんです。
なるべ生を意識せずにいきていきたい。
あたりまえの、その上、その先にある、非日常。
特別な喜び、あたらしい驚き。
そんなものを生み、つくり、届け、その世界で生きていきたい。
丁寧に、力いっぱいにエネルギーを集めて。
今もそう強く思っています。

変化を受け入れるということはとても勇気のいることですが、
これを病気の恩恵と信じて新しく前に進んでいけたらと、
生活を模索し、今できる精一杯のことを実践する日々です。

cinecaのお菓子を届けたい。
そして、私がお菓子を作るきっかけとしているだいすきな映画も届けられたらいい。
そういう気持ちがなくなってしまわないように、
上手に気持ちに寄り添って歩いていけたらいいなと思ってます。

ここまで読んでくださったみなさまありがとうございます。

これからもお菓子とそして映画を、人生のエッセンスやスパイスとして届けられるように
新しいペースで歩いていきますので、お付き合いいただけましたら幸いです。

改めまして、いつも応援してくださるみなさま、コラムを読んでくださるみなさま、
お菓子を買ってくださるお客さま、本当にありがとうございます。

来年もこの先も、手のひらサイズのあたらしい世界を届けられますように。
その驚きや喜びがだれかの活力になりますように。

2019年は個展も予定しています。
この一年のあいだ、少しずつ準備してきたものです。

今年も残すところあと3日。
みなさま、良いお年をお迎えください。

cineca
土谷みお

top