cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2019-07-05 17:15
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ゼリー越しに見る世界/PINTSCOPE

KP_cineca

コラムを書いてたらあのキーライムパイが無性に食べたくなってしまってキッチンに立つ。
梅雨の雨、重い空気、からだには気圧がどっしりと乗っかる毎日。
そんなこの季節のダルさを掴んで包んで吹っ飛ばしてくれる気がするキーライムパイ。
つくってみればその透明に心がすくわれる。

子供の頃から水中都市に憧れている。
たぶんはじめてみたのは幼稚園の頃に観た「天空の城ラピュタ」。
シータとパズーがラピュタに着いた時に覗き込んだあの池の中の景色だったかもしれない。

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を観たときその憧れの水中世界をはじめて実写で見た気がした。
水に浸かったインテリア、水の中で抱き合うふたり。美しくってせつなくって心を掴まれた。
登場するアイテムすべてに意味がある気がして何度も何度も繰り返しみてる映画の一つ。

今回のPINTSCOPEでの映画コラムは「シェイプ・オブ・ウォーター」の物語をなぞりながら、ゼリーについて書きました。
水中都市とゼリーを重ね、保存された世界への憧れや
映画に登場するキーライムパイがなぜ美味しくないか、についてなど。

連載も気がつけば一年経ちました。
ぜひサイトから読んでみてください。

ゼリー越しに見る世界

2019-06-04 18:27
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

金魚すくいギョウザ?

togyother08

餃子の活動「トゥギョウザー」まだまだ続いています。
Pen onlineでの連載も今回で8回目となりました。

今回は、ついに私のとんでもギョウザアイデアがかたちになってしまいました。
その名も「金魚すくいギョウザ」。
黄金色に輝くコンソメのスープに夏の涼 赤い金魚(の形の餃子)がプカプカと浮かぶ…
ポイですくってすくった数だけ食べられる餃子ゲームです。

今回は「ゲームになるギョウザ」をテーマに
ゲームデザイナーの佐々木隼さん(オインクゲームズ)をお迎えして
みんなで餃子つくりました。

この夏、おうちでも作ってたのしんでもらいたい金魚すくいギョウザは
Pen Online記事の最後にレシピも載ってます。
ぜひ記事を読んでみてください。

ゲームデザイナー佐々木隼が「流行るかも」と評価した、「金魚すくいギョウザ」とは?

2019-05-17 14:28
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

THOUGHTFUL MARKETに参加します

190423_thoutfulmarket2_web_color-11

5月23日からは東京 千駄ヶ谷にあるTHINK OF THINGSで開催のTHOUGHTFUL MARKETに参加します。

お菓子の販売内容は、
herbarium
a piece of
kalikali
いぬ

の4種類で予定しています。

kalikaliはだいぶひさしぶりの販売です。
この機会にぜひお立ち寄りください。

サイトより引用

“作り手の思いと共に、暮らしに取り入れる”をコンセプトとした、
第2回「THOUGHTFUL MARKET(ソートフル・マーケット)」を開催します。
好評をいただいた昨年12月の開催に引き続き、今回も独自のコンセプトで丁寧なものづくりを行う、
生活小物、アクセサリー、ファッションアイテム、菓子など10のブランドが集まります。
ぜひ作り手との対話を楽しみながら、自らの暮らしのスタイルに合ったアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

THOUGHTFUL MARKET
期間 5月23日(木)〜6月2日(日)
OPEN 10時〜20時(最終日のみ19時まで)
場所 THINK OF THINGS
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1
JR原宿駅竹下口より徒歩3分

※最新の販売状況についてはinstgram又はtwitterでご確認ください

2019-05-07 14:07
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

PINTSCOPEで連載のコラム、今回はクッキー

Print

松竹のwebメディア、PINTSCOPEでの連載も今回で5回目です。

「映画の中のお菓子」に注目し、毎回ひとつテーマとなる”お菓子”の話をお届けしています。
これまで、ポップコーン、パイ、ショートケーキ、ドーナツと読み解いてきました。
今回、第5回目のテーマは「クッキー」。

クッキーというお菓子の気軽さ、奥深さ、愛おしさ、
などについて、スウェーデンの映画をキーに話しています。

ぜひサイトで読んでみてください。

クッキーはバランサー

今回のイラストもStudy and Designの古谷萌氏に描いてもらってます。

2019-04-27 11:54
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

GW中、菓子販売のご案内

RE_P1_

今年のゴールデンウィークは二箇所で菓子の販売を予定しています。

5/1からは福井県にある素敵なショップtalkleinにて
ファッションブランドjensのCOMPOSITIONラインの展示会に合わせて
cinecaのRE-COLLECTIONを販売いただきます。
今回の販売から「プラスチックのゴミ」(チョコレート菓子)も加わり、
全部で6種類の展開となります。(写真の菓子)

また5/4・5・6は、
東京・新木場にあるCASICAで開催のニュー縁日にて、
herbariumを中心とした菓子を販売いただきます。

ゴールデンウィークのお出かけついでに、
ぜひお立ち寄りください。

COMPOSITION
開催場所 talklein
福井県月見2-1-24
2019年 5月1日(水)〜 5月6日(月)
OPEN 12:00-19:00
菓子販売内容 RE-COLLECTION
電話 0776-65-0934

ニュー縁日
開催場所 CASICA
東京都江東区新木場1-4-6
OPEN 12:00-19:00
2019年 5月4日(土)〜 5月6日(月)
OPEN 11:00-18:00
菓子販売内容 herbariumなど
電話 03-6457-0826

2019-03-12 11:22
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

京都岡崎 蔦屋書店アートフェアに参加します

apieceof

3月18日から、京都岡崎 蔦屋書店のアートコーナーにて開催の
「消えないもの」フェアでcinecaのお菓子販売いただきます。

日本の3都市を巡回するクリスチャン・ボルタンスキーの回顧展に合わせたアートフェアで、
生と死、記憶や痕跡などをテーマとしている作家や、
インスタレーション作品を発表している作家の書籍を中心に集めたフェアに
cinecaの菓子も並べていただきます。

販売内容は
a piece of-時間を溶かす静かのラムネ-
herbarium-甘い標本-
Green herbarium
All or nothing(磁器のみ)
こちらの4種類になります。

a piece ofは久しぶりに三種の味でご用意します。

京都のみなさま、お近くのみなさま
どうぞよろしくお願いいたします。

「消えないもの」フェア 3月18日(月)~4月21日(日)
京都岡崎 蔦屋書店 アートコーナーにて
〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13
ロームシアター京都 パークプラザ1階
8:00 〜 22:00 年中無休

以下書店のご案内から
————————————————————–

今年も出会いと別れの時期がやってきます。.
自身が新たな道に進むため、仲の良い人たちと離ればなれになったり、
新しい出会いに緊張して疲れたり。

毎年嬉しいこともある季節だけれど、私は少し身構えてしまいます。
皆さんはどのようにこの時期を迎えていますか?

もし外の喧噪から離れ、ゆっくりと過ごしたくなったら是非、京都岡崎蔦屋書店にお越しください。.
ゆったりとコーヒーを飲みながらアート書籍を眺めていると心が落ち着きます。

3月18日からはアートコーナーにて「消えないもの」フェアを開催予定です。.
目に見える形では残らなくても、記憶に、感情に残っていく。.
そんなアート作品をご紹介致します。.

また、フェア期間中のみCinecaさんの御菓子をお取扱いしています。.
Cinecaさんの御菓子は一つ一つ手作りで、その繊細な佇まいはまるでアート作品のようです。

食べてしまうのがもったいないけれど、その美しさとお味は記憶に残り続けることでしょう。
贈り物にもぴったりです。

2019-02-26 21:54
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

祐天寺 steefでお菓子販売いただきます

re_cineca

昨年11月末に販売開始した菓子「RE-COLLECTION」、
ことし最初の販売は祐天寺のsteefです。

こちらで開催されるjensのCOMPOSITIONライン、クローズアップイベントに合わせての販売となります。

RE-COLLECTIONは、コンテンポラリーな衣服を展開するjensの
COMPOSITIONのラインに寄せて制作した記憶の菓子です。

これまでのcinecaのアーカイブ作品、
2012年につくったきりになっていた花の砂糖菓子や、手紙の菓子 Charlotte、
紙くずのヌガー NUDEや石ころのラムネ a piece ofなどを仕立て直す(remake)ことで新しく生まれた菓子。
どれも手のひらに納まるサイズに展開しています。
記憶のどこかで重なるかもしれない、形になった記憶を探しにお出かけください。

場所 steef
住所 目黒区祐天寺2-6-13 1F
電話 03-5708-5611
会期 3.2(土)〜3.10(日)

2019-02-06 00:21
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

個展はじまりました

postcard_cineca

本日より展示はじまりました。

落ちているものを拾うとき心はどう動くんだろう。

拾う姿に重ね、
下を向いて、しゃがんで、お菓子を選んでもらえたら嬉しいです。

今回、お菓子のポストカードもつくりました。
こちらも会場で販売しています。

今展示では新作「ALL OR NOTHING」のみの販売となります。
(定番の商品はありません)
また、全てひとりで制作しているのでつくれる数に限りがあります。
今回は毎日お菓子があるように1日の販売個数を決めさせていただきました。
どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

土谷の在廊は追加納品を兼ねて2/10、11の16時頃〜と、
最終日2/17の16時頃〜予定しています。

また変更ありましたらお知らせいたします。

2019-01-23 15:01
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

ショートケーキはお弁当?

Print

PINTSCOPEで連載中のコラム「cinecaのおかしネマ」では
毎回映画の中のお菓子をテーマに書いてます。

今回のテーマは「ショートケーキ」。
ショートケーキが登場する映画『麦秋』(1951年)、『娘・妻・母』(1960年)、
『ストロベリーショートケイクス』(2006年)の三作品から読み解いていったら
ショートケーキは現代においてお弁当のような存在になったのかも?
と私的な気づきがありました。

ちなみに、日本で見るショートケーキは日本独自のものですので
今のところ邦画でしか見つけられていません。

今回のコラムタイトルは、「ショートケーキはお弁当?」

ぜひ時間潰しに読んでみてください。

2019-01-19 17:33
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

cineca新作の展示、販売します。

Print

cineca新作の展示、販売をいたします。
場所は表参道にあるギャラリー&本屋さんのUTRECHT。
ひさしぶりに個展という形での展示販売です。

「下を向いて歩こう」
わたしはこの言葉といっしょに歩くようになりました。

そしていつも浜辺で下を向いてゴミを拾います。

棄てられて美しくなったもの
洗われて新しく褪せたもの
まるくなり触りたくなったもの

人の手を離れかたちづくられた

ゴミ かもしれないし 宝物 かもしれない もの

到底、敵わない。
そんなかなわないものたちをお菓子にしました。

名前は「All or Nothing」と言います。

ぜひ会場へおとしものを探しにお出かけください。

会期中は在廊も予定しています。
日程は決まりましたらまたお知らせいたします。

cineca new work exhibition
下を向いて歩こう
Look down at your feet when walk

会期 2019.2.5(Tue)-17(Sun)
場所 UTRECHT(ユトレヒト)
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
Utrecht / 5-36-6 Jingumae 2C, Shibuya, Tokyo 150-0001 Japan
営業時間 / Opening Times 12:00-20:00
月曜休み / Closed on Monday
電話 / Tel 03-6427-4041

12345...
top