cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2018-09-18 15:28
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

PINTSCOPEでコラム連載はじまります

Print

松竹が発信する映画にまつわるwebマガジンPINTSCOPEで、コラムの連載がはじまりました。

ポップコーン、アイスクリーム、パイ、ゼリー・・・
映画にはたくさんのお菓子の登場があって、
それってなんのため?って考えながら映画をみるのが好きです。
そんなことを伝えられたらいいなという思いでコラムを書きます。

テーマは「映画の中のお菓子」。
毎回ひとつお菓子を決めて、
そのお菓子が登場する映画をいろいろご紹介しながらちょっとおかしな話を。

第一回目は 「ポップコーン」について 。
ポップコーンってテディベア? な文章を展開してます。

イラストはstudy and designの古谷萌さんに、
コラムの内容をイメージしたちょっとシュールなイラストをお願いしました。

イラストも合わせて、たのしんで読んでもらえたら嬉しいです。

cinecaのおかしネマ vol.1 「テディベアなポップコーン」

2018-09-12 11:06
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

Topawards Asiaでパッケージデザイン賞を受賞しました

apieceof

cinecaの定番商品、a piece of-時間を溶かす静かのラムネ-のパッケージが、「Topawards Asia」を受賞いたしました。

Topawards Asiaとは、アジアを対象とする
優れたパッケージデザインに贈られる賞です。
今回、「Less is More」というテーマに沿って集められた商品の中から
受賞させていただきました。

cinecaのお菓子はお菓子のアイデア出しから商品化、
パッケージデザイン、お菓子の制作まですべて土谷がひとりで制作しています。
a piece ofは2014年に開発、商品化したお菓子で、
時間を経てこのような賞を受賞できたことうれしいなと思います。

すこし長いですが、
お菓子とパッケージのコンセプトを改めて。
もしよかったら読んでみてください。

————————————————-
このお菓子は、交通事故が原因で片目以外が動かず、
話すこともできなくなった男性を描く映画「潜水服は蝶の夢を見る」から着想を得て作られています。
編集者として言葉に関わる仕事に携わっていた主人公。
彼が言葉を話せなくなったとき、言葉の意味や強さ、
響きにも大きな変化が生まれたことが印象的でした。
その、状況によって感じ方が変わる「言葉」をこの映画のテーマと捉え、
その「言葉」を環境によって岩から小石、
砂へと姿を変える「石」に例え、お菓子に落とし込みました。
味は3種類、sea(海)はローズマリー(一番薄いグレー)、
river(川)は桜(中間のグレー)、
mountain(山)はジンジャーの味(濃いグレー)。
それぞれの場所をイメージした味と色と形で作っています。
パッケージはお菓子をできる限り邪魔することなくシンプルに見せることを心がけ、
また、心や頭に刻まれる言葉の強さの表現として「空押し」技法を使っています。
箱の上面のマークは、上から順に海、川、山。
その場所を語る形を一本線からの強弱で表現しました。

“The idea for this sweet is conceived from “The Diving Bell and the Butterfly”, a film that portrays a man who cannot move his body other than his eye due to a car accident. The main character worked as an editor, a job that involves using words. When he lost his ability to speak, the change that was brought to the meaning and power of words left an impression on me.

“Words” makes one feel differently depending on the situation, and seeing this as the theme of the film, the “words” are reimagined as “stones”; from rocks to small stones to sand that change its form with the environment, and are transformed into sweets. There are three flavours: “sea” in light grey and rosemary in flavour; “river” in a medium grey, cherry blossom flavoured; “mountain” in a ginger flavoured dark grey. The flavours, colours, and forms are imagined for each place.

The packaging is made to be as simple as possible as to not to get in the way of the sweets, and to express the power of words that engrave themselves in our hearts and minds, a blind embossing technique is used. The mark on the top of the box conveys the sea, river, and mountain with a single line that varies in thickness.”

————————————————-

2018-09-07 15:50
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

2種類のパフェをつくりました

IMG_3505

【わたしとアイスクリーム】の後編が本日公開されました。
後編では、前編でつくったアイスクリームを使って
「アイスクリーム落としちゃったパフェ」と
「花のプラネタリウムパフェ」の二種類のパフェをつくりました。

アイスクリームを落っことしたときの悲しい気持ちを拾い上げる楽しさや、
パフェグラスを逆さまに使うといつもと違うパフェ世界があらわれる美しさを表現したくてつくったパフェ。

そして、どちらのパフェにもきっかけになった映画があります。
きっとあなたも知っている、あの映画から。

北欧暮らしの道具店のサイトから記事読めます。
ぜひお読みください。

写真:岩田貴樹

【わたしとアイスクリーム】
後編:見たことのない味がここに。世界にひとつだけのパフェ

2018-09-06 16:09
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

出来立て風?アイスクリーム

ice6_

コンビニのお菓子とかスーパーで買えるスナックとかにちょっと一手間加えることで
自分好みのおやつにアレンジするのが大好きで、
そんな“おやつ遊び”をちょくちょくやっているcinecaの土谷ですが
中でもとくにお気に入りのレシピ“出来立て風アイスクリーム”を
「北欧、暮らしの道具店」の特集で作らせていただきました。

スーパーカップとMOWで?
とびきりおいしいアイスクリームが作れちゃいます。

ぜひサイト内の記事で読んでみてください。
まだまだ暑い日が続くので、コンビニに駆け込んでアイスを手に入れて
おうちで手軽に楽しんでもらえたらうれしいです。

あしたは後編、今回の特集のためにつくったパフェの公開もあります。
ぜひおたのしみに。

写真:岩田貴樹

【わたしとアイスクリーム】前編:おしゃれで簡単、とびきりおいしい「家アイス」。

2018-08-16 11:26
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

PINTSCOPEで取材いただきました

dvd-dana-cineca

人と映画の物語に焦点をあてたWebメディアPINTSCOPEで取材いただいた記事が公開されました。
「DVD棚、見せてください。」というコーナーで、
棚におさまりきらなくなってしまった650本あまりのDVDコレクションをご紹介いただいています。

cinecaのお菓子と映画の関係や
今回はじめてお披露目する私のひみつの映画ノートのこと
映画をどれだけ愛しているか…ということ
などなど丁寧に記事にしていただいています。
読んでいただけたらうれしいです。

→映画から、もうひとつの物語が生まれる

2018-08-11 18:29
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

PERK最新号発売中

IMG_2480

PERK magazineでの連載コラム「cinecaのおいしい映画」、今号で8回目です。
8月10日発売号では、旅に出ずとも旅に連れて行ってもらえるような映画から、
“月の満ち欠けアイスクリーム”をつくりました。

たった一つの動作から思いがけず生まれる形。
たくさんの人に体験してもらいたいお菓子です。

お菓子のビジュアルと一緒にぜひ誌面でコラム読んでください。
今号もよろしくお願いします

2018-07-10 21:59
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

ブレーンに掲載されました

BRAIN_cineca

広告・デザインの専門誌「ブレーン」(7/1発売)で
アートディレクターの増田総成さんにcinecaのこともすこしご紹介いただいてます。

ブレーンは前職で関わっていた雑誌なので
cinecaのことを掲載される日が来たことがじわじわと嬉しい出来事です。

表紙は毎号違うデザイナーやアーティストが手がけるグラフィックなのですが、
今月号の表紙は夏っぽくてかわいいですね。

覗く機会がありましたら見てみてください。

2018-06-19 23:11
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

cinecaのおいしい映画 7回目は/PERK連載

perk7

PERK magazineでの連載コラム「cinecaのおいしい映画」もいよいよ7回目です。
6月12日発売号では、低気圧を意識した映画を選びました。
(今回はイギリス映画!)

いよいよ東京も梅雨入り。
この時期気が滅入る日もあるかもしれないけどたぶん天気のせい。
そんなときはこの映画をみてほしい。

畏れ多いですが今号の絵作り、
図らずも安西水丸さんの描くイラストの世界のようになった気がしてます。
ビジュアルと一緒にぜひ誌面でみてみてください。

今号もよろしくお願いします!

2018-05-02 23:34
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

母の日のおくりもの

ROSE3__cineca

きがつけば5月になっていました。
病気を発症してから半年近くたち、毎日すこしずつ寛解をめざし身体は戦っています。
完治はないので一生この病気といっしょに歩んでいかなくてはいけない。
それは突然現れた人生の伴侶のような存在で
まだ自分のなかに100%受け入れることはできないけれど
すこしずつ受け止めていけたらと思っています。

病気になると、いままで気にもとめていなかったのものに目がいったり、
あたりまえだったことに大きな感動を覚えたりと
毎日のちいさな変化がたまらなく愛おしく生きることができるようになった気もします。

いちばんつらかったときには家族の力を感じました。
とくに母には大きく支えてもらいました。

だれにでも母という存在はあって、
それは近くても遠くてもきっと心の中に生きている。
そういう特別な存在だと思います。

一年に一度訪れる母の日は、
伝えることのできる人はきっとなにか想いを伝えることができたらいい。

言葉にすることはむずかしくても、
お菓子やお花にのせて、もちろんそれ以外のアイテムでも
それらに語らせることもひとつの方法だったりします。

まだ寛解を目指す途中の身体ですが、
この日こそはなにか力になりたいという想いから、
cinecaのお菓子をすこし販売したいと思います。

いま作ることができるものと少数に限られてしまいますが、
すこしでもという気持ちでひさしぶりの制作です。

対面販売は難しいので、オンラインストアから販売させていただきます。

販売は5月5日11時にスタート。
お届けは5月12日を予定していますが、
特別に指定日をご希望の方は備考欄に記入いただきご注文をおねがい致します。
また、ラッピングをご希望の方はラッピングも一緒にご購入ください。

今年度から送料が値上がりしました関係で送料の価格を変更させていただいています。
また、季節があたたかくなってきたのですべてクール便でのお届けとさせていただきます。

どうぞよろしくおねがい致します。

cineca
土谷みお

2018-04-17 19:03
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressshop

perk5_cineca

雑誌PERKでの連載コラム「cinecaのおいしい映画」のお仕事5月号から再開しています。

5月号(4月12日発売)は、
観たら思わず街を駆け出したくなるような映画からいつもカバンに忍ばせておきたいお菓子を。
撮影は実験的で楽しかった。。。
たくさんカット数撮ったのですが、セレクト悩んで悩んで、、、
これという一枚を。
イメージ以上にかわいいビジュアルがつくれたのでぜひ紙面でみてみてください。

2014年は映画のアタリ年だったんじゃないかなと思うほどいい作品がたくさん公開された年。
今回の映画もその一つ。

未完成な人ほど愛おしい。
と語るような今作は春のこの季節に観ると魅力が増す気がします。

今号もよろしくお願いします。

12345...
top