cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2021-05-11 21:54
/
Event / Exhibition

ローズのherbarium -甘い標本- 販売のお知らせ

rose_red2_

4月29日からCIBONE両店舗で母の日に合わせて、herbarium-甘い標本-を販売いただく予定でしたが、
緊急事態宣言に伴い、CIBONEオンラインで販売いただきました。
たくさんの方にご購入いただきこちらはすでに完売となっておりますが、
5/12からのCIBONE(GYRE)店舗再開に合わせて、herbariumを販売いただきます。
母の日の季節に合わせたバラのherbariumは数量わずかとなりますが、
他にも季節のお花のherbariumをたくさんつくりましたので、
ご無理ない範囲でお店へお立ち寄りいただければ嬉しいです。

CIBONE
150-0001
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
販売開始 5/12 11:00〜
OPEN 11:00-20:00
TEL 03-6712-5301
cibone@cibone.com

2021-04-28 22:35
/
ColumnWorks

ヒマワリのバースデーケーキ

thumbnail _

PINTSCOPEで新しい連載『cinecaのバースデーケーキショップ』が始まりました。
「バースデーケーキショップ」とは、映画の中に登場する誕生日ケーキについて綴りながら、このケーキが食べられるとしたらどこのお店のケーキだろう…と私的イメージを重ねた、現実世界のケーキを紹介するコラムです。

たくさん映画を観ていると、多くの作品で誕生日が描かれることに気がつきました。
誕生日がない人はいない。誰もが持つ記念日だからか、そこにある喜びや悲しみ、家族のこと、人間関係を描くことは特別に楽しいのだと思います。

第一回目は、大好きな映画『ハロルドとモード』に登場するヒマワリのケーキについて。
80歳のモードの誕生日にハロルドが贈ったその宝物のようなケーキがもしもこの世に存在するなら…
そんなイメージにぴったりの懐かしくて新しい、美しいケーキを紹介してます。

木村和平さんによる写真の見応えあるコラムになってますのでぜひぜひサイトよりご覧ください
コラム最後にケーキとお店の情報あり〼

ヒマワリのバースデーケーキ“太陽のにおいがする誕生日”

スタイリング・文 土谷未央
写真 木村和平




余談ですが、
『ハロルドとモード』はブッダの”真理の言葉”を想起させる物語だと思いませんか? ちなみに同監督による作品『チャンス』はニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』をベースにした物語。監督は哲学が好きなんじゃないかって、私も哲学が好きだから、ずっと勝手に親近感を感じてます。生きるのに大切な教えが詰まった本作は観れば心がふっと軽くなる。何年も観続けてる私にとって大切な作品の一つです。

2021-04-16 01:21
/
Information

アシスタントを募集します

このたび、アシスタントを募集いたします。

忙しい時にお手伝いしてくれる人、長い年月一緒に働きたいという思いのある人を求めます。他の仕事との兼業は問いません。

求める能力:
・元気で体力に自信がある
・お菓子を作るのが得意
・お菓子作りの基礎がある
・味覚のセンスがある
・持久力がある
・手先が器用
・東京・浅草(台東区)の近いところに住んでいる or 通える距離に住んでいる

給与:時給制
仕事内容:仕込み・パッケージング・レシピ開発・販売など製菓にまつわることいろいろ
勤務時間:季節により緩急あり

応募方法:
履歴書と自己推薦文(他薦含む)を、PDFデータでinfo@cineca.si宛に送付ください。
郵送の場合は下記へ
111-0032 東京都台東区浅草4-2-7 土谷未央 宛

会ってみたいと思う方へ限り折り返しメールでご連絡し、その後面接をさせていただきます。
募集期限は現在設けていません。良い人に出会えたらそこで締め切りとします。
(締め切りになったらこちらのページでまたお知らせします)
また、応募を考える方は、下記をご一読ください。

cinecaをはじめて今年2021年で10年目となりました。
cinecaは、お菓子屋さんともパティスリーとも違います。
お菓子という表現の場を借りて、アイデアの価値や新しいものの見方について提案している、と言うとわかりやすいかもしれません。
お菓子の制作や試作には、当たり前に多くの時間を使いますが、
実店舗はありませんので、時期によってはお菓子を作らない日もありますし、
デザイン作業や企画、アートワークや執筆などの制作も多い日々です。

これまで9年間、すべて一人でやってきましたが、
3年前より病気を抱える身になったこともあり、物理的にできなくなってしまったことも多いです。
ですが、生きている限り、つくり続けたいという気持ちは変わりません。

今回の募集では、一人ではつくることができない景色を見てみたい、という想いもあっての募集となります。
病気をしたことで諦めていた、お店や提供のイベントなどもまた新しく取り組んでいけたらと考えています。
お菓子づくりや、そもそも、ものをつくる、ということは多くの人が思うより、地味で面倒くさい作業の連続です。
ですが、面倒くさければ面倒くさいほど、そのさきの景色は大きくなると信じて、わたしはつくることを続けています。

人と一緒に働くことはどんなものだろうと、その景色を楽しみに、
ご応募お待ちしております。

土谷未央

2021-03-29 11:13
/
InformationWorks

SHANTANはじまります

shantan_cineca

アジアな風が吹きそうな器菓レーベル「SHANTAN」をガラス作家の池谷さんと始めます。

SHANTAN(シャンタン)は、縦糸と横糸 二種類の糸で織り上げることで新しい趣を持つ
山東絹(シャンタン)の言葉を拝借し、名付けました。
菓子と器の重なりをたのしむ器菓レーベル、
どこか知らぬアジアの国をイメージしていろいろ編みだしていきます。

1つめはレンゲとシュウマイ。
どこか懐かしく微笑むような空気を纏う池谷さんのレンゲを見てたら思いついたシュウマイは、
炊いたアーモンドをじっくり挽いてつくったプラリネにチョコレイトを合わせ丁寧に練っていくと完成する濃厚なお菓子。
是非お茶をお供にグラスロワイヤルとプラリネの組み合わせを楽しんでいただきたい一品です。

SHANTANのアートディレクション、デザインは土谷が担当し、
イラストワークには小林千秋さんを迎えました。

最初の販売は終了しましたが、
今後も日本全国、色々な場所で販売や展示をして活動していきますので、
ぜひSHANTANのinstagramをフォローしてみてください。
販売、展示場所も募集しております◎

写真:Nanako Ono

2021-03-01 18:50
/
Works

“色を映す羊羹”

coloryokan_ cineca

PERK magazineでの映画コラム連載も今回で20回目。
2017年から始まった連載なので随分長い時間が流れたなあと思うのでした。

今回は、中国の映画『ブラインド・マッサージ』(ロウ・イエ監督)に、中国から伝来したと言われるお菓子“羊羹”を重ねたアートワークをつくりました。

『ブラインド・マッサージ』は視覚障害者を主人公にし、見えない世界に生きる彼らに見えるものを描くことに挑戦した作品。
この映画をはじめて観たとき、自分は見えるものにどれだけ頼って生きているのだろう、と気づかされたものです。それ以来、悩んだり、見えるものに支配されすぎてしまうとき、そっと目を閉じます。そうすると、これまで見えなかった色が見えてくるような気がするのです。

コラムはいつもの倍くらい(長くなってしまいました)のテキストボリュームになってしまったのですが、
『ブラインド・マッサージ』を最初に観たときの興奮と感動をなんとか伝えたい…と、この稀有な作品への愛を綴りました。
お時間ある時にぜひ下記リンクよりご覧ください。

色を映す羊羹

2021-02-03 23:37
/
Event / Exhibition

necomaで展示します

CATTY_T_NEW_fin_web

2/11よりnecomaにてcinecaの展示を開催いただきます。新作「CATTY」の発表とレギュラーラインの販売も予定してます。

「CATTY」は「なんだか猫みたい」という意味を込め名付けました。私子供の頃よりずっと猫と暮らしてきたからか、ついつい生活の中に猫の存在を探してしまいます。あの鍋もあのカバンも視界のはしで見るとなんだか猫に見える。そんな視点でお菓子を見てみたら、これもあれも猫に見える、とつくるお菓子が「CATTY」です。

CATTYの第一弾はテリーヌショコラ(CATTYシリーズは今後少しずつ増えていく予定)。テリーヌショコラのおいしい凹み…なんだか猫に見えるってずっと思ってた。意図せず生まれたその形に新しく意味を与えた、猫のように見えるテリーヌショコラです。数えきれないほど試作し完成したお菓子、きっと楽しんでもらえるものになったと思います。

生菓子なので喫茶でのお召し上がりのみとなりますが、感染対策しながら展示期間中お店でご提供ただきます。
保護猫たちと過ごす時間が生まれたら良いなという想いでつくりました。
他、kalikaliなどのレギュラーラインのお菓子の販売ありますのでバレンタインなどの贈りもののお探しにもお出かけください。
とは、声を大にしては言えない世情ですが、体調など良く、ご無理ない範囲でお立ち寄りいただければ嬉しいです。

また、necomaをイメージし選んだ映画『5時から7時までのクレオ』(アニエス・ヴァルダ監督)をギャラリーにて上映いただきます。
展示会期中、毎日17時〜上映です。猫のいる空間で、お菓子と映画の時間をぜひお楽しみください。

ギャラリーには猫がいます。猫アレルギーの方や猫が苦手な方は、ギャラリー(喫茶スペース)には入らず、お店の入り口すぐのところでお菓子のみ購入も可能です。

CATTY
なんだかみんな猫に見える

2021.2/11 THU〜2/23 TUE
時間 平日 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜20:00
CATTY提供日 2/13・14・20・21・22
※各日売切り終了となります
場所 保護猫喫茶 necoma
東京都目黒区中町1-33-3 3階
お問い合わせ info@necoma.co
エントランスギャラリーのみ 無料
猫のいるホールギャラリー部分 600円/30分
電話 03-6412-8329

※ 猫のいる展示室です。入店の際には、マスクと靴下の着用が必須になります。(販売有り)
 小さいお子さまをお連れの方は店舗へご連絡の上、ご来店ください。

2021-02-01 14:51
/
Event / Exhibition

CIBONE CASEで販売中です

herbarium_green_

昨年から始まったCIBONE CASEでの販売ですが、
今年も継続的に販売いただくことになりました。

まずは、
バレンタインのシーズンと、ホワイトデーのシーズンを予定しております。
最初の販売は1月29日〜 です。

色々なお花、ハーブの種類を揃えておつくりしますので、
ぜひ店頭でお選びいただければ嬉しいです。

在庫やご予約などのお問い合わせは直接お店へお願いいたします。

CIBONE CASE
東京都中央区銀座6-10-1
GINZA SIX 4F
OPEN 10:30-20:00
TEL:03-5537-3101
Mail:ginza@cibone.com

2021-01-04 12:31
/
Information

明けましておめでとうございます

herbarium_cineca

あっという間の三ヶ日でした。
ひさしぶりに何もせずにゆっくり休めた三日間。光のような速さで時間が過ぎていきました。

さて、2021年、今年2月でcinecaは10年目となります。
誰か人を…と思いながら結局丸9年、一人でやってきてしまいました。
しかし毎日が嵐のようで、朝起きてから夜寝るまで、制作をしたり仕事をしたり休む間もない毎日です。
10年目となり、いよいよ誰か一緒にお菓子を作ってくれる人を募集しようか、と考えています。

2021年は節目の年となるよう、身体と相談しながら、猫のように日向を探しながら、一日一日を越えていけますように。

昨年は、ずっと気になっていたことに向き合えた年になりました。
おそらく、病気後、一番たくさんお菓子をつくれた年になった感触もあります。
自分的にはかなり頑張った。から、頑張った分、体力を少し自分の元へ戻すことが叶ったような気もします。

いつもお菓子を楽しんでくださるみなさまありがとうございます。
コラムを読んでくれたり、感想をいただいたり、気にかけていただいたり、本当にたくさんの方に支えられています。

2021年も生活の中に甘い時間を含ませて、手のひらサイズの非日常を楽しみましょう。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

cineca
土谷未央

2020-12-30 11:58
/
ColumnWorks

詠うリンゴ飴

utauringoame_cineca_

読書と朗読はりんごとリンゴ飴のように似て非なるもの。
鏡に映る私は私ではなかった。そんな衝撃が朗読にはあると思います。

PERKでの映画コラム連載19回目は、映画『読書する女』からリンゴ飴のアートワークをつくりました。
下記リンクからぜひコラムと一緒にご覧ください。

Mio Tsuchiya“詠うリンゴ飴”
写真:鈴木奈保子

2020-12-24 22:39
/
Works

アンブレラアイスキャンディー

umbrella_cineca

ホームセンターでみつけたアイテムの新しい使い方を考えました。

円錐型のノズルのようなパーツと、S字フックと、スポンジを使って完成したのは…“アンブレラアイスキャンディー”。
傘のような形のハーブのアイスキャンディー。
今年の夏マスクと手袋とフェイスシールドをして、ホームセンターを徘徊して徘徊して考えたお菓子です。

なにでどう作ったの?の答えはぜひとなりのカインズさんの記事(下記)をご覧ください。
記事の最後にはレシピもあるのでクリスマスやお正月の楽しみにもぜひ作ってみてください。レシピは簡単なものを用意しました。
傘のように引っかけられるのでクリスマスのオーナメントらしさもある気がします。
アイスじゃなくてチョコレートでもつくれますよ。

ところで、円錐形は菓子界でも菓子型としてあまりない形なので世紀の大発見。なんて思ったり。

|CAINZ × クリエイター|
これ、なーんだ? 工具売り場でお菓子作り!?
正解じゃないからおもしろい。
カインズでみつけたアイテムの新しい使い方を考えてみました。

ところで、私は建築系の学科だったので、学生時代からずっとホームセンターをうろうろしてました。今も煮詰まるとホームセンターに行きたくなる。だってそこは、私のアイデアの源泉の一つだから…。今回は、「ホームセンターにあるものなにを使っていいのでお菓子を作ってください」というお題にとてもわくわくしました。

12345...10...
top