cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2017-10-16 15:19
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

webマガジン「意味>新」で取材いただきました

inishin_cineca

意味>新 というwebマガジンで、cinecaのことと
先月の9月にあたらしくオープンしたcinecaのお店「四月」について取材いただきました。

インタビュアー、写真ともにデザインジャーナリストの加藤孝司さん。

お店についてすこし触れると…
窓のような劇場のようなシンボリックな什器や空間のデザインは野本哲平さん。
インタビューではこちらについても触れていただいてます。

テキスト多めなのですが読んでいただけたら嬉しいです。
写真も素敵です。
新しい物語としてのお菓子土谷みお氏(cinecaディレクター)インタビュー

2017-10-16 15:04
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

連載コラム「cinecaのおいしい映画」今回の映画は?

perk_cineca

10/12発売の雑誌PERK、今号の連載コラム「cinecaのおいしい映画」は、
2014年公開映画の中で私的ランキングナンバー1だった映画を選びました。

音楽もストーリーも美術も配役もなにもかもオシャレでカッコよくて
ダサくて悲しくてでもすべてが愛おしくてたまらない作品なんです。
(たくさんの人に見てもらいたい。。!)

映画の代弁者となり得るとあるものをモチーフにしてコラムを書きました。

今号もよろしくお願いします。

2017-10-10 14:32
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

cineca新作は“NUDE”といいます

NUDE_N_

ちょっとひさしぶりとなるcinecaの新作ができました。
お菓子の名前は「NUDE」
いつものサブタイトルは-紙くずヌガー- です。

真っ白な紙くずのようなお菓子。
パリッとした見た目を裏切るように口の中でとろっと溶けてなくなります。

ジャン・コクトーの映画作品「詩人の血」から生まれました。
「詩人の血」は、詩作が命がけであることを語るような作品…。
私も新しいお菓子を生み出すときはたくさんの苦悩を越えます。

表現することは自分を裸にしていく行為なのではないかと。
一枚の真っ白な紙(キャンバス)に向かい、手と頭で生かし殺されを繰り返し、
その結果としての事の表れ、様を“紙くず”というモチーフと結びつけ
フランス菓子のヌガーで表現しました。

着想は今年の頭くらいから、
そこからの試作やパッケージの完成まで時間をかけたお菓子です。

正式なお披露目、販売は10月29日のcinecaのアトリエ「四月」で予定していますが、
現在開催中のnostos booksでの展示販売でも、プチパッケージで展開しています。
(現状完売となっています)

「NUDE -紙くずヌガー」をよろしくおねがい致します。

2017-10-02 00:26
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

nostos booksでイベント開催いただきます

picasso

10月9日から一週間、
松陰神社前にある本屋さんnostosbooksにてcinecaのイベントを開催いただきます。

タイトルは
「Touch the eatable art」

映画「ミッドナイト・イン・パリ」の世界から
登場する人物たちを切り出して、お菓子に落とし込みます。

映画には1920年代に生きたアーティストがたくさん登場します。
中でもペインターと言える人たちが使っていたであろうパレットをお菓子に。
ペインターは、ピカソ、ダリ、マティス、モディリアーニの四人を選びました。
どんなパレットが並ぶかお楽しみに。

他、映画にも登場するジャン・コクトーが監督した映画作品「詩人の血」から
cinecaの新作となるお菓子が生まれました。
こちらは今月末の四月(cinecaのお店)での販売を正式お披露目として予定していますが、
今回、プレお披露目として先行展示、販売いたします。

この機会にぜひ、nostos booksへ足をお運びください。


「Touch the eatable art」
cineca × nostos books
-映画{ミッドナイト・イン・パリ}の世界から-
期間 2017年10月9日~22日(売切れ次第終了となります)
場所 nostos books(ノストスブックス)
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷4-2-12
お問い合わせ 03-5799-7982
営業時間 12:00~19:00 水木定休

2017-09-27 14:43
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

四月、10月のオープン日

sigatu_cineca

9月24日、アトリエcineca「四月」無事にオープンすることができました。

たくさんの方に立ち寄っていただきおかげさまで什器のなかは空っぽに。
駆けつけてくれたみなさま本当にありがとうございました。

遠いところで金沢とか静岡からの方々がいたり、
近くでチャリを走らせて来てくれた人もいたり、いろんなところからのご来店嬉しかったです。
お店をやることについていろいろと考える一日になりました。

10月のオープン日は29日を予定しています。
またまた日曜日で恐縮ですが、
ご都合合いましたらぜひお越しください。

そして、10月は新作の発表も予定しています。

111-0032
東京都台東区浅草4-2-7
10月のオープン日:29日(日)
営業時間 11:00-18:00

2017-09-27 14:31
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

雑誌『SPRING』に掲載いただきました

spring1

発売中(9/23発売)の雑誌SPRING「《社会科見学》カノコの観る世界」という連載ページで
cinecaのアトリエへの訪問記録、掲載いただいています。

モデルのKanocoさんが実際にアトリエに訪問、自ら撮影するという可愛らしい企画。
写真も素敵です。

ぜひご覧ください。

2017-09-25 14:32
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

pelulu

Webマガジン“PeLuLu”のTaro TSUKAMOTOさんの投稿ページで
cinecaのお店「四月」について取材、掲載いただきました。

このコーナーはTaro TSUKAMOTOさんが
自ら携帯で写真を撮って投稿するというちょっと面白いページ。

ぜひご覧ください。

映画の枠を超えた手のひらサイズの小さな世界【EAST TOKYO散歩3】

2017-09-01 10:49
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

アトリエcineca「四月」オープンします

sigatu1

いよいよ9月になりました。

さて、cinecaのアトリエを一部開放する形で、
「四月」という名前のcinecaのお店をこの9月からオープンさせます。
不定期のイベント参加や通年でお取引いただいているお店への卸しは変わらずにしてお店をオープンさせるので、
しばらくは月に一度か二度のペースで開けるのが精一杯かなと思っています。
最初はすこしずつ、そのうち回数を増やしていけたらいいなと。

昨年の12月に実験的にアトリエオープンを二度行い、
いろいろ良くしたいことが見えました。
そこで、デザイナー野本哲平さんの方の力を借りてこの半年準備してきました。

cinecaのアトリエは浅草駅から徒歩10分くらいの場所にあります。
わざわざお越しいただくからには、cinecaの世界をすこしでも伝えたいという想いと、
訪れた人との間に窓を作りたいという想いを持って、表現された什器、空間。

ちょっとおもしろい場になったと思います。

イベント参加が多いので日程は毎月不定期になってしまいますが、
アトリエオープン日はSNSやホームページでお知らせいたします。

「四月」をどうぞよろしくおねがい致します。

四月 -Atelier cineca-
東京都台東区浅草4-2-7
浅草駅から徒歩10分くらい
9月のオープン日:24日(日)
11時〜18時

※以前もお知らせしていますが、オンラインストアの販売は暫くの間お休みとなります。

2017-08-28 15:25
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

『cinecaのおいしい映画』第3回目掲載中

PERK08

お知らせ遅くなってしまいました。

雑誌『PERK』9月号では、
連載コラム「cinecaのおいしい映画」第3回目掲載いただいています。

今回は、夏に食べたい、あのお菓子を。
夏に観たくなるあの映画から。

ぜひ誌面にて文章とともにお菓子を見てくださいね。

『PERK』9月号は8/12発売、
発売中です◎

そして、第4回目の次号は10/12発売。
(もう動いてます〜)
PERKは隔月刊行の雑誌です。

2017-07-01 12:00
/
InformationEvent / ExhibitionWorksPressshop

長期お休みのお知らせ

cineca_april

7月になり、“夏”と呼べる季節がはじまりました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、長期おやすみのお知らせをいたします。

cinecaを立ち上げてから5年半が経ち、いままで休みという感覚なくずっと走ってきました。
6年目に入り、1人でやりくりしていくことの難しさを改めて感じています。

これから先もこの仕事を続けていくために
思い切って2ヶ月の長いお休みをとらせていただくこととなりました。

お菓子納品の制作はおやすみとしますが、
デザイン作業や連載の仕事、作品開発
他、メールなどのデスクワークできるものはONの状態でいる予定です。

お返事など遅くなってしまうこともあると思いますが、
お問い合わせやご依頼などのご対応できる状況にはさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、
ご理解のほどどうぞよろしくおねがい致します。

cineca
土谷みお

top