cineca

Instagram Twitter Facebook
online store

news

2020-02-11 17:42
/
InformationEvent / ExhibitionWorksDiaryPressShopActivityColumn

展示“something something”のお知らせ

somethingsomething_main_

食べればなくなる菓子をつくり続けているうちになくならないモノへの憧れが強くなっていきました。
ある日出会った西本さんのおいしそうな木工作品。
そのなくならない美味しいになくなる美味しいを重ねてみたらどんな美味しいが生まれるんだろうと、
そんな私の妄想から本企画展の構想がはじまりました。

今回は食べればなくなる菓子と残りつづける木工という、対になるものの組み合わせのおもしろさについて。
その作業は誰もが見たことあるであろう日常の風景の切り取りでもあります。
私たちがつくる、あのアイスキャンデイーみたいなもの、あのポテトチップスみたいなもの、あのガムみたいなもの、あのチョコレートみたいなもの…
その「〜みたいなもの」を手にしたとき、それが誰かの日常に重なるたのしみを夢見て。

cinecaの菓子は、ほとんどが新作で展開します。
1年近い時間をかけ、9種類ほどの新作の開発をしてきました。
味も見た目も敢えてミニマムに削ぎ落とし、「ノーブランド」として見えることにこだわったパッケージを纏う作品が並びます。
作品はすべて即売。オープンな会場ですので、お気軽にお立ち寄りください。

また、本展示に合わせ、作品集“something something”も作りました。
装丁は葉田いづみ、撮影は井上佐由紀。
漫画家 大橋裕之による描き下ろし漫画も収録した贅沢な本に仕上がりました。
こちらも合わせてお求めいただけたら嬉しいです。

展示会場は表参道 Spiral 1FのMINA-TO。
写真は、溶けないアイス(西本良太作品)と溶けたアイス(cineca菓子作品)

また、本展示の企画、ディレクションもやりました。
パッケージデザインはいつも通り自身で制作していますが、
今回の意匠はStudy and Designの古谷萌に協力いただいてます。

Exhibition “something something”
cineca × 西本良太
2020.2/24-3/15
11:00-20:00
MINA-TO(Spiral 1F)
東京都港区南青山5-6-23
お問い合わせ 03-3498-4015
※3/1に予定していたレセプションパーティーは新型コロナウイルスの状況を考え、中止とさせていただきます。

top